【発達障害の就職転職】特例子会社の就職は発達障害にお勧めって本当?

 

社員のほとんどが身体・知的障害者

特定子会社とは?

特定子会社とは、企業が義務として障害者を雇用するにあたり、様々な規約をクリアして設立された会社です。

障害者を雇うことを前提としている会社のため、障害者にとって働きやすい環境が整っている場合が多く、発達障害を持っている方にとっても働きやすい職場が多く揃っています。

 

発達障害と特定子会社

発達障害を持っている方の場合は、臨機応変な対応が求められる仕事や支持の少ない環境で働くことが難しいことがあるかと思いますが、特定子会社ではそれらの症状に合わせた職場環境が整えられているため、トータル的にも働きやい会社が多い傾向にあります。

一緒に働いている人たちも何かしらの障害を持っている方が多いため、それをサポートする設備やスタッフが整っており、いざというときのバックアップも受けやすく、気持ち的にも働きやすい職場というメリットが感じられます。

 

特定子会社で働くということ

特に一般的な企業で働くことが難しいと感じている方の場合には、一度特定子会社を検討してもいいかもしれません。

環境やスタッフが整っているということもありますが、与えられる仕事も障害に合わせてやりやすい仕事が適用されるので、仕事自体に対して苦痛を感じることも少なくなるかと思われます。

ただし、発達障害者の方は比較的他の方に比べてできることが多いと、評価されるケースもあるかと思います。

そのため少し難しい仕事を任されたり、移動をお願いされたりなど、負荷が多くなることも出てくるでしょう。

その場合には、できるだけ自分自身と相談を行いつつ、スタッフと話し合ってより良い環境を作っていく必要が生じる場合もあります。

 

活躍の場は多い

発達障害者が特定子会社で働く場合

特定子会社では、身体障害を持つ方や知的障害を持つ方が多く働いています。

そのため発達障害の方は、その方たちの中で比較的様々な仕事ができることが多いため、より多くの仕事ができる人として認知される可能性があります。

そのため負荷の大きい仕事を任せられることも多くなり、それを負担に思う場合にはスタッフと話し合う機会を設ける必要も出てくるでしょう。

しかし、色々な仕事を求められるということは企業にとっても働いてもらいやすい人材でもある、ということになります。

様々な仕事をこなせるということから、立場的にも上になることも多くなりますので、職場で活躍したいと思っている場合には、その機会を大いに利用できるようになるでしょう。

 

特定子会社の選び方

発達障害を持っている方は、他の知的障害や身体障害を持っている方に比べると、比較的にできることが多くなっています。

そのため様々な仕事にチャレンジすることでスキルアップできる機会も多くなるのですが、特定子会社によっては仕事の内容が単調な物ばかりになる、という会社も存在します。

そうなると発達障害を持っている方たちのスペックを、仕事の内容的に生かしきれないというケースも出てくるかと思います。

特定子会社に就職したいと思ったときには、その会社がどのような業務を行っているか、スキルアップをする余地はあるのかなど、チェックしておくことがお勧めです。

企業によっても特定子会社に関する方針が個々に違っているため、自分に合った企業を選ぶように気を付けましょう。

選ぶときのポイントとして、正社員雇用がされているか、給料についてや仕事内容などが指標になりやすいかと思います。

 

障害への配慮もある環境

特定子会社は働きやすい

特定子会社は前提として障害者を雇用することを目的としているため、設備のバリアフリー化や作業環境の整備(細やかなスケジュール管理や、個別の仕切り、ヘッドフォン着用可、談話対応不要等)などの措置が既に行われているケースが多いと思われます。

何か問題が発生したいときにも解決しやすいように、障害者に理解のあるスタッフが特定子会社に勤めている確率が高く、サポートなども受けやすくなっています。

そして定期的な面談や相談を実施している会社も多く、細かく自身の現状と照らし合わせて環境を整えていきやすい点も、特定子会社のメリットの一つと言えるでしょう。

特に長く同じ人に勤めてほしいと思っている会社の場合は、積極的に正社員雇用を行っており、手厚いサポートを受けられる可能性が上がります。

 

特定子会社で働くメリット

特定子会社では、働き方に関しても障害者が働きやすいように在宅業務の特例や、相談窓口の設置などをしっかり行っている会社が多くあります。

フレックスタイムや半休制を導入している会社もあり、通院のための休暇や必要な場合には服薬のための時間を業務中に設けやすくなっている会社もあるでしょう。

通院するための休暇というと、一般企業の場合は取得しにくいケースも出てきますが、特定子会社の場合には、それらを加味した業務形態が組まれているため、休暇の申請をしやすい環境が整っています。

突発的に通院が必要になった場合にも受け入れられやすくなっており、気持ち的にも安心して就労を行うことができるでしょう。

他人とあまり関わる機会がない方の場合も、定期的な会社内でのレクリエーションが開催などでコミュニケーションを持つ機会を設けられる点も、メリットの一つになります。

 

まとめ

発達障害の方にも働きやすい特定子会社ですが、会社によっても様々な指針があるため、できるだけ自分に合った企業を選ぶことが大事になります。
これからの就職を考えている方は、一度それぞれの会社の職務内容や職場環境などをリサーチしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました