【50代の障害者転職】50代の障害者が転職を成功させるコツ

50代で障害者転職をお考えですか?

50代でも障害者の転職を成功させる方法をまとめました。

 

年収400万円以上の求人多数!

精神障害者専門の求人サイトならランスタッドがおすすめです。

\400万円以上の求人多数!/

ランスタッド
求人サイト

大企業の未公開障害者求人多数!

人材不足で50代求人も増えている

50代の障害者の方で、転職を意識している人もいるでしょう。

新卒採用とは異なり、転職は色々と大変なことが多いので、事前の準備をしっかりすることが大切です。

大変なことは50代という年齢も去ることながら、やはり求人の量ではないかと思います。
他の年代と比べて50代を採用する会社の数は少なく、そのため自分が希望する会社に就職できないことも考えられます。

ただ、そんな世代の方に朗報があり、最近は人手不足や急成長している若い企業が増加している背景もあって、以前より50代にも転職のチャンスが増えてきているのです。

 

50代の中途採用も求人増加傾向にある

健常者と比べて障害者の方は特に大変かもしれませんが、求人も増加傾向にありますので、希望される方はチャレンジしてみるのもいいでしょう。

50代と聞くと定年など、社会人としての引退や終わりが見えてくる頃でもあります。
そのため転職を躊躇する人も多いようですが、実際のところは転職の潜在的なチャンスが多いとも言えるのです。

転職エージェントなどの専門機関でも、30代や40代などの若い世代はもちろん、50代での転職の成功例を見ることができます。

 

50代からでもチャンスはあるの?

思っていたほど、50代の転職者は決して少なくはないのが現実です。
ただ、どんなにチャンスがあると言っても、それだけでは失敗することもあるでしょう。
会社の採用試験、特に面接を突破することが大事になり、それに成功することで希望の仕事に就けるようになります。
50代を採用する会社ではどういうことを求めているのか、事前にしっかりリサーチしておく必要があるのです。
現在は全体的な人手不足によって、若手だけでは人材を補充できないでいます。
その分をベテランで補充したいと思っていて、現実的に考えて即戦力を求めているのです。

 

ある程度の割り切りが大切

50代の転職者は、ある程度の割り切りも必要です。

転職を希望しても年齢などの面があって、思うように活動が進まない人もいるかもしれません。
そんな時は「採用してくれるところならどこでもいい」など、割り切って活動してみることも重要です。

ただその場合でも、心構えをしっかりしておくことが大切です。
50代という年代は、社会人という世界の中においては引退を考慮するべき時期に差し掛かっています。

 

目的を明確に

ひとりひとりがこれまでの経験や実績を持っており、そういった経験の中で培ったことや仕事を通じて磨いてきたスキル、そして自分も含めて障害者とどのように向き合ってきたのかなど様々です。

他にも、どのような配慮によって仕事がやりやすくなったのか、どのような仕事が自分にとって楽しかったのか、夢中になったのかという点もあるでしょう。

社会人としての目的が明確になっていれば、活動はしやすくなると思います。

目的が明確になっていますので、後はそれに見合ったところを見つけるだけです。
到達するべきゴールを意識しながらの転職活動が、50代の障害者の成功の秘訣と言えるでしょう。

 

障害と向き合った活動を

最近は50代の求人も増加傾向にあります。

ただ、どんなに人手不足と言っても、自分が希望している理想の会社がすぐに見つかるとは限りません。

たとえ仕事内容は希望するものであっても、障害という要素がネックになることもあるのです。

例えば、障害によって通勤ができなかったり、会社の障害者に対する理解がなかったり、取り組みが消極的であったりすることもあるかもしれません。

社会に対する捉え方は人それぞれですが、この世の中には様々なことがあり、障害者にとって厳しいものになることもあるでしょう。

そのため、時には割り切り感も求められるのです。

 

正社員にこだわらない

50代の方が転職で成功するためには、とにかく会社から採用してもらうことが大切ですので、そのために面接で自分のことをどれだけアピールできるかが重要です。

中には正社員にこだわっている人もいるかもしれませんが、採用してくれるのであればどのような形態でも受け入れる姿勢が大切です。

50代は経験や実績が多いので、とにかくその点をしっかりアピールする必要があり、それが正社員の採用に結びついていきます。

そのため面接が重要になりますが、50代がアピールするべきスキル、特に意識して欲しいポイントの中に「ポーダブルスキル」と呼ばれるものがあります。

 

これまでの経験を活かせる職種を

これは様々な業種を始め、業界や職種といった要素の垣根を超えて発揮できる能力のことで、汎用性の高いものを指しています。

色々な能力がありますが、例えば真面目さや几帳面さ、積極性といった性格や人柄などを表すものもあれば、説得力も入ります。

これは人を説得したり励ましたりするといったスキルになりますが、他より得意という人もいるはずです。

ポーダブルスキルには様々な能力が含まれていますが、それを磨いておくことが大事になるのです。

 

自分のスキルをアピール

スキルを磨くことで、どのような会社でも自分のことをアピールできるようになります。

転職した後も役立ち、自分が持っている本当の能力を発揮することで、周囲や会社から高く評価される結果に繋がっていきます。

もちろん障害者も同じで、特に経験豊富な50代で自分自身のポーダブルスキルがあれば、どのような転職先でも活躍できる可能性があるのです。

たとえ最初は正社員でなくても、能力が評価されることで正社員への登用を実現できるかもしれませんので、まずは努力をしてみましょう。

 

まとめ

50代の障害者の転職事情などについて紹介しました。

最近は50代の求人が増えてきており、その分転職活動が行いやすくなっているのかもしれません。

だからと言って簡単に採用されるわけではありませんので、「ダメもと」と割り切り感を持つことも必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました