【障害者の就職・転職】30代の転職を成功させるポイント3つ

30代の転職はやり直しがきかない重要なタイミング!

30代の障害者が転職するうえで失敗しないためのコツを3つまとめました。

 

年収400万円以上の求人多数!

精神障害者専門の求人サイトならランスタッドがおすすめです。

\400万円以上の求人多数!/

ランスタッド
求人サイト

大企業の未公開障害者求人多数!

30代前半は転職のチャンス

30代で障害を抱える方の中で、これから転職を考えている方もいると思います。

転職の理由は人それぞれですが、具体的には「現在の仕事が自分に合っていない」、「今よりも少しでも給料が高いところに行きたい」、「障害者にもっと配慮してくれる会社があるはず」などが挙げられると思います。

いずれにしても、現状では満足できない理由があるから転職を希望することに他なりません。

転職に成功すると、今と比べて高い給料をもらえるところに採用されることもあれば、体に無理のない範囲で仕事ができるようになったり、今までやりたかった仕事に就くことができるようになります。

 

転職準備を入念に

転職次第では、希望していたことを叶えることができるようになりますが、だからと言って簡単にはいかないのが転職でもあります。

特に障害者の方は、健常者の方と比べて色々と制約も出てくるでしょう。
実際に障害者の転職は、健常者の転職とは採用の観点が違ってきます。

そのため健常者以上に準備をしっかりしておかないと、自分が希望する、理想とするような転職ができないこともあるのです。

しかし準備については、採用の基準は異なるかもしれませんが、基本的には健常者と何も変わったところはありません。

 

相手企業の採用基準を確認

選択する会社にもよりますが、例えば「自分の目標に向かってしっかり努力できる人」や「会社のしきたりなどに馴染める人」、「与えられたことをしっかりこなすことができる」など、各会社の採用の基準に適合することが大切です。

そうすれば自分の道が開けてきます。

特に30代前半の方はまだこれからですので、転職のチャンスは十分にあると思われます。
諦めずに行動を起こすことが大切です。

 

即戦力・経験をアピール

30代の障害者の方が転職で成功するためには、まずは面接を突破する必要があります。
面接は大変ですが、準備をしっかりすれば大丈夫です。

面接では色々なことを聞かれますが、その中のひとつが仕事に対する姿勢や意欲です。
会社側は即戦力となる人を求めていますので、自分が力になれることをしっかりアピールしましょう。

これまでどういう仕事をしてきたのかといった以前の職場でしていたことなども大切ですが、重要なことはそれをどう活かしていけるかにあります。

 

面接でアピールすべきポイント

会社は採用したらすぐに活躍してもらいたいと思っていますので、自分が力になれることを面接官に訴えてください。

これまでの仕事で培ってきた技術や知識、ノウハウなどを転職先でどのように発揮できるのか、したいのかです。

転職が初めての方は大変な面もあるかもしれませんが、面接は一発勝負で油断していると負けてしまいます。

障害のことが気になる人もいると思いますが、逆にそれを武器にするのもいいでしょう。
健常者では見ることができないスキルを持っている人は、それをしっかりアピールしてください。

 

挑戦したいことも積極的に伝える

特に自慢できるようなものがない方は、これからしてみたいことを伝えるだけでも構いません。

自分が思っていること、したいことが面接官に伝われば、採用される可能性もあるのです。

障害者しかできないこともありますので、それを逆に自分の武器にできれば、成功する確率は高くなるでしょう。

30代は他の世代と比べてまだ若いので、これから色々なことに挑戦できます。
30代の障害者が転職に成功するポイントのひとつである、「即戦力・経験のアピール」を頭に入れておくといいと思います。

そうすれば、必然的に転職の成功へと近づいていけるようになります。

 

体調のコントロールができていることをアピール

転職の面接を受ける際に、特に障害者の方は体調管理も大切です。

実際の面接では様々なことを尋ねられますので、どのような質問に対してもしっかり答えられるように準備しておきましょう。

障害者の方で、よく見られるポイントの中に「直近の体調」という項目があります。

その点が、健常者の転職との大きな違いになるかもしれません。

体調管理をしっかりと

何かしら障害を持っている方は、それによって体調を崩すことも珍しくありません。

そのため体調不良に陥ると、業務を行うことが困難になってしまうこともあります。

そういった事情があることから、希望する会社で継続的に働き続けることが困難になり、場合によっては早期休職や退職に追い込まれてしまうことも考えられるのです。

せっかく自分が希望するような会社に転職できたとしても、同僚と一緒に働けるようになったとしても、自分の体調が原因で働けなくなってしまうと会社も考えてしまうでしょう。

会社はそれぞれ利益追求を目標にしており、そのためにはできるだけ必要経費を軽減することが求められます。

 

体調のコントロールが可能であることを伝える

一方で人を採用するにはある程度のお金が必要になり、せっかく採用したのに早期に退職されると、会社にとっても大きな痛手になってしまうのです。

何も障害者に限ったことではありませんが、障害者の方は自分の体調が仕事に与える影響が大きいので注意が必要です。

どのような人材であっても、会社側は早期退職のリスクに対して慎重になります。
特に何かしらの障害を持つ人については、体調の側面からも見方がシビアになることが多いのです。

そのため面接では「体調は万全」、「自分の体調はしっかりコントロールできる」ということをアピールすることをおすすめします。

 

まとめ

30代の障害者の方の転職で成功するためには、ポイントをしっかり押さえておくことが大切です。
特に30代前半は転職のチャンスでもありますので、やりたいことがあればそれに向かって突き進みましょう。
そのためには面接が大事になってきますので、面接官に良い印象を与えられるように、即戦力や経験をアピールすることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました