【障害者の転職】20代の障害者が転職で成功するコツ3つ

転職をお考えですか?

障害者の方にとって、20代の転職はとても重要です。

30代、40代のことを考え将来のキャリアが広がるような転職できるコツを3つまとめました。

 

年収400万円以上の求人多数!

精神障害者専門の求人サイトならランスタッドがおすすめです。

\400万円以上の求人多数!/

ランスタッド
求人サイト

大企業の未公開障害者求人多数!

 

障害を全面に出しすぎない

障害者の転職で大切なことは「障害を前面に出しすぎない」という点。

これはとにかく頭に入れておく必要があります。

「障害があるからこの仕事を選んだ」のではなく、「この仕事をやりたいからこの仕事を選んだ」という意志が伝わるようにすることが大切。

障害については自分からは切り出さない方がいいでしょう。

面接が進むにつれ、面接官から障害の程度や通院の頻度、業務上の必要な配慮を聞かれますんのでそうなってから話すのが得策です。

自分から先に話し出さない方が良い結果になります。

 

将来スキルアップを見込める業種を選ぶ

20代の障害者の方が転職で成功するためには、まずは転職での自分の軸となるもの、いわゆるスキルアップできるものを、如何に定められるかにあります。

まだ20代と若いので、社会での経験は少ない人が多いでしょう。

これから活躍していく世代ですので、力を発揮できるような職種を選ぶことが大切です。
何も障害者の方に限ったことではありませんが、20代の転職はそんなに珍しいことではありません。

しかし、転職するからには、その目的をしっかり把握しておく必要があるのです。

20代の方が転職を検討する際は、他の年代の方々よりも「どうして転職しようと思ったのか」という理由を、しっかり掘り下げることが重要と言えます。

 

転職動機を明確にしておくべきなのはなぜ?

20代は、経験や実績などの要素よりも、どちらかと言うとポテンシャルで評価されることが多いからです。
障害の有無に関係なく、他の世代より若さが武器でもあり、そのため仕事に対する情熱や姿勢が問われることが多くなります。
一方で入社してからの社歴が少ない間の転職の場合は、面接官から様々なことを推測されることも考えられます。
「この人は飽きっぽい性格ではないのか?」や、「仕事に対する意識、情熱がないのでは?」などです。

 

年収400万円以上の求人多数!

精神障害者専門の求人サイトならランスタッドがおすすめです。

\400万円以上の求人多数!/

ランスタッド
求人サイト

大企業の未公開障害者求人多数!

前職の退職理由を前向きに説明する

障害者の方が転職するときには、前の職場を退職した理由を明確にしておくことも大切です。

転職では面接が重視されることが多く、その際にどうして前の仕事を辞めたのか、その理由を問われることも少なくありません。

退職理由は人によりますが、その中でもよくある理由としては「仕事が面白くない」や「イメージしていた職種と違った」などがあります。

そういう人たちは、自分に与えられた仕事に対しての取り組み方が問われることがあるのです。

 

具体的な考えも大切

仕事に対して自分なりに色々と努力をしたり、工夫したりしたことがあるのかが重要です。

「仕事に興味がない」、「面白みを感じない」、「イメージしていたものと違う」などという理由では、自分本位の理由とは言えません。

そういうことではなく、「もっと他のことに挑戦してみたい」や「自分の性格や特徴などが活かせる業界があったかもしれない」、「自分が本当にやりたったこと、憧れていたのはこのような仕事でした」など、具体的にすることが大切です。

 

ネガティブなエピソードも含めながらポジティブを強く

具体的な話をする際は、やりたかった仕事に対してのエピソードや理由などを元にして説明できると、よりポジティブな理由として捉えられることがあります。

面接官からしても、回答がネガティブなものよりポジティブの方が、より良い印象を得られると思います。

ただ単純に「仕事がつまらない」、「面白くない」などの説明ではなく、「今まで働いていた職場で自分なりに努力や工夫をしてみた結果、新しいことが見つかった」、あるいは「自分の興味や関心、スキルなどを生かせそうなことがこちらの業界であることを確信した」などと伝えることが大事であり、ポイントでもあるのです。

 

 

アピールポイントを明確に

20代前半というのは、まだこれから様々なことを経験する年代でもあり、仕事や働き方などを習得していく途中の段階でもあることから、仕事に対する意欲や情熱、意識や仕事に対しての取り組み方、考え方などに重点を置いてアピールすることをおすすめします。

20代前半は難しいかもしれませんが、20代も半ばになると、ある程度の経験を積むことができるようになり、次第に障害と担当する業務内容とのマッチングもできるようになるでしょう。

もちろん個人差はあると思いますが、仕事についても徐々に一人前として見なされるようになる時期でもあります。

 

採用後の展望も話せるとプラスのイメージに

会社から仕事で評価されたことや、これから行う仕事を通じてどのような成果を上げることができるのか、転職先ではどのような価値を発揮したいのかなどを、志望動機と絡めて説明できるようにしておくといいと思います。

中には障害のことが気になる人もいると思いますが、面接では自分の障害のことはあまり全面に出しすぎない方がいいでしょう。

面接官は相手が障害者であることを十分承知しており、それよりも如何に会社で活躍してくれるのかを期待しているからです。

 

転職後の姿勢

入社後の数年間は、まずは仕事をしっかりと覚えて、一人前の社会人として活躍するために自分がすべきことがたくさんあると思います。

社歴が浅いので、その分業務経験はもちろん、業務の中において自分自身の障害ということに向き合ってきた経験が他の世代より乏しいので、色々な困難に直面することもあるでしょう。
その点の考慮も必要になってきます。

転職しても自信を持って取り組めるように、将来的にスキルアップを見込めるような業種を選ぶことをおすすめします。

 

まとめ

20代の障害者の転職で成功する方法について紹介しました。
20代はまだ社会経験が少ない時期でもあり、これから活躍する場が増えてきます。

経験が浅い分、未経験の異業種なども含めて様々な分野に幅広く挑戦できるのが、20代での転職のメリットではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました