【解離性障害の人の就職・転職】解離性同一性障害にお勧めの仕事3つ

こんにちは、精神障害当事者のakkyです。

「解離性障害だけど働きたい!」

「解離性同一性障害にお勧めの仕事は?」

障害を受け入れながら自分らしくいられるお勧めの仕事をまとめました。

解離性障害の人の仕事の問題点

解離性障害の人が仕事上で抱える問題は、ほかの精神障害には見られない独特なものが多く、他人が理解できるものではありません。それゆえ当人の苦しみは想像を絶するものがあります。

記憶障害

人格が交替しているとき、または解離しているときは、記憶があいまいでカーテン越しに見ているような感じがします。

本人としては別人格の行為のため自分でやったという認識が乏しいのですが、上司や同僚から見れば明らかにその人が行っていることにしか思えません。

「自分で○○って言ったのに忘れたの?」
「どうしてちゃんと報告しないの?」

等々言われ不信感を抱かれてしまいます。
また、忘れやすい人、不注意な人と評価されてしまうこともあります。

記憶障害は、解離性障害の主症状であり本人にとっては大変なことなのですが、解離性障害の病気そのものが全く理解されないものであるため、本人は孤独でとてもつらい思いを味わいます。

人格交替が誘発される

仕事のストレスによって、人格交替が誘発されることも結構あります。

引っ込み思案、人と話すのが苦手な人が営業職についたりすると、「バリバリ話せて営業能力の高い人格」があらわれたりします。

一見仕事に適応しているようにみえますがこれは無理して作り出した人格です。
本来の人格とのギャップがあればあるほど解離はひどくなり、本人は苦しんでしまいます。

解離した人格の能力が高い場合、主人格は自分に自信を失ったり鬱っぽくなることもあります。解離して仕事に適応できたとしても、本来の自分は苦しみ続けていることを自覚してあげましょう。人格交替以外の解決策を見つけるのです

離人感

上司に怒られた、同僚との関係がつらい、こういった仕事上のストレスにたいし離人感があらわれることがあります。

離人感とは・・自分が自分であるという感覚がなく、あたかも自分を外から眺めているように感じる状態

離人症状はこの場と自分を切り離すことでストレス状況から身を守ろうとする切ない防御反応なのですが、上司や同僚からは

「人の話を聞いていない」
「ぼーっとしている」
「馬鹿にしてるのか」

とみられてしまい、信頼を損ねてしまうことがあります。

解離性障害の人にお勧めの仕事

解離性障害の人の本質は、「自己防衛」と「自己の希薄さ」にあります。

他人や外界から強いストレスを受けると容易に自分から離れてしまうので、以下にストレスの少ない環境で働けるかがカギになります。

SE/プログラマーの仕事

解離性障害の人にこそ、SEやプログラマーといった技術職がお勧めです。

SE/プログラマーの業務内容
・プログラムやシステムの開発・管理・保守
・ウェブサイトの製作
・スマホアプリの開発                            など

お勧めの理由

解離性障害の人へSEやプログラマーがお勧めな理由は、

①技術職であり他人とのコミュニケーションが少ないこと
②在宅ワークやフリーランスが可能なこと
③給料が高く売り手市場であること
④将来性がある

があげられます。

一定のスキルを身に着けてしまえば、自宅で開発することもできるので自由度が高く、解離性障害の人に特におすすめです。

未経験からSE/プログラマーになるには

わたしはテックキャンプというトレーニングスクールを利用することを勧めます。

未経験からSEやプログラマーになるには、開発言語を独自で勉強する必要があります。

勉強だけなら本やYOUTUBEで十分ですが、テックキャンプの凄いところは就職保障がついているところです。

就職率99%と就職できなかった場合全額返金。

この二つからテックキャンプをお勧めしています。

テックキャンプ詳細

【就職率99%保証】未経験から3か月でIT就職!

◆NO.1 エンジニア転職スクールテックキャンプ

精神障害 身体障害 発達障害 知的障害

未経験からIT転職NO.1 

IT転職できない場合全額返金
転職成功率99%
好きな時に学習!オンライン受講OK
フリーランスでのんびり働くことも

豊富な就職実績

 IT関連会社への就職多数

 

\受講料1万円OFFキャンペーンはこちら

テックキャンプのオンライン相談

 

在宅ワークの仕事

解離性障害の人にとって一番大切なのは、なるべく解離を起こさない環境に身を置くことです。

そのためには強いストレスを避けることです。

自分のペースで仕事のできる在宅ワークは、解離性障害にとってお勧めの仕事です。

おすすめ求人サイト

\ 月収30万円以上求人多数/

未公開求人も多数掲載中!

事務の仕事

総務や経理といった仕事もまた、解離性障害の人にお勧めです。

売上のプレッシャーのある営業職や、対人ストレスの多い接客業と違いバックオフィスの仕事は、華やかさがない分、安定しています。

残業が少なく、コツコツと仕上げるタイプの業務が多い事務職は、ストレスに弱い解離性障害の人い取ってお勧めの仕事の一つです。

おすすめ求人サイト

\ 月収30万円以上求人多数/

未公開求人も多数掲載中!

 

解離性障害の人にとって大切なこと

解離性障害の人にとって一番大切なことは、「なるべく解離を起こさない状況に身を置くこと」です。

ストレスが強くなると、解離が多くなり、最終的には職場ではずっと解離人格が仕事をしたりするようになります。

一見環境に適応しているようですが、解離は進み続け、主人格はずっと苦しみ、記憶の障害、他人の無理解などにずっと悩み続けることになります。

解離せず今の貴方のままで過ごせる環境=あなたにとってベストな仕事環境であることを忘れないでください。

 

解離性障害になっても人生は終わりじゃない、
人生はまだまだ続きます,

akky!

タイトルとURLをコピーしました