【適応障害の就職・転職】適応障害の人が向いているおすすめの仕事3つ

こんにちは。

精神障害当事者のakkyです。

「適応障害と診断されたけど働きたい」

「適応障害におススメの仕事は?」

適応障害でもいまより幸せになれる仕事を探しましょう!

適応障害の人の仕事の問題点

適応障害の人は「ストレスに弱い」という特徴があります。
職場環境や対人のストレスによって、「不安・イライラ・パニック」といった症状が出てしまうのです。

出勤できなくなってしまう

適応障害とは職場のプレッシャーによって、不安・抑うつ・イライラ・睡眠障害といった不調が出てしまう病気です。

本人は頑張りたいにもかかわらず、症状がつらくて職場に出勤できなくなってしまうのです。

それによって職場にいづらくなったり、誰かに何か言われてるのではないかと被害妄想が気になったりといった二次障害がでてくることもあります。

プレッシャーに押しつぶされやすい

適応障害の人は、もともとストレスに弱いという性質を持っています。

売上ノルマのある営業職や、間違いが許されない医療職など常に大きなプレッシャーを伴う仕事は、ストレス過多となりやすく適応障害があっという間に悪化してしまいます。

身体的なストレスに弱い

長時間労働や夜勤を伴うシフト勤務など、体に負担がかかる仕事でも適応障害は悪化しやすいのです。

特に睡眠不足があると症状はすぐに悪化してしまいます。

適応障害の人にお勧めの仕事

適応障害とは、うまれつきの精神病ではありません。

環境に適応できずストレス過多になったときに「うつ・不安・パニック・イライラ」といった症状が出て働けなくなるのが適応障害です。

したがって、本人にとってストレスの少ない仕事を探すのが一番の解決策となるわけです。

SE/プログラマーの仕事

SE/プログラマーの仕事は、プログラミング技術を使ってシステムの開発・管理・保守を行う仕事です。

対人ストレスが低い

適応障害の人にとって一番ストレスになるのは、対人関係です。ほとんどの問題は人間関係が引き起こしているといっても過言ではありません。

SE/プログラマーの仕事は、専門職であるため営業職などと比べ同僚や上司からのプレッシャーが段違いに低いです。

在宅ワーク・フリーランスも

対人折衝を必要としないSE/プログラマーの仕事は、リモートワークの筆頭の仕事とも言えます。多くの会社がリモートワークを取り入れています。

また、技術がついてくれば会社を辞めてフリーランスとして働くこともできます。

在宅ワークの導入で、出社のストレスや人とやり取りすることのストレスから解放される人は多いです。

未経験からのSE/プログラマーの仕事なら

20代・30代の方であれば、まよわずSE/プログラマーの仕事を勧めます。

収入が多く安定しており、かつ将来性も高いからです。

とはいえ未経験の方にはハードルが高いですよね。

akkyのおすすめは、就職保障のテックキャンプ。未経験者でも3~6か月のトレーニングでIT業界への転職が可能です。

ただ技術を学ぶだけなら本を読んだりYOUTUBEを見たりすればよいのです。テックキャンプは99%就職保障と返金保証がついている点で圧倒的に有利といえるでしょう。

 

【就職率99%保証】未経験から3か月でIT就職!

◆NO.1 エンジニア転職スクールテックキャンプ

精神障害 身体障害 発達障害 知的障害

未経験からIT転職NO.1 

IT転職できない場合全額返金
転職成功率99%
好きな時に学習!オンライン受講OK
フリーランスでのんびり働くことも

豊富な就職実績

 IT関連会社への就職多数

 

\受講料1万円OFFキャンペーンはこちら

テックキャンプのオンライン相談

 

 

データ入力

タイトルとURLをコピーしました