【境界性パーソナリティ障害の就職・転職】境界性パーソナリティ障害の人が向いているおすすめの仕事3つ

こんにちは、akkyです。

「境界性パーソナリティ障害だけど働きたい!」

「境界性パーソナリティ障害に向いている仕事って何?」

こんな方の悩みにお答えします。

境界性パーソナリティ障害の人の仕事の問題

境界性パーソナリティ障害の人は、「攻撃性」と「傷つきやさ」との間を極端に行き来するため、対人関係が全く安定せず、いつもトラブルに見舞われています。

本人としては、相手に近づき仲良くなりたいと思っているにもかかわらず、極端な考えや衝動性のためにどうしてもトラブルを起こしてしまい、またそのことで傷ついてしまうのです。

トラブルメーカーになってしまう

激しい愛憎を巻き起こすボーダーラインの人づきあいのやり方は、親密な家族関係や恋愛関係ではなんとかなったとしても、節度を持ち空気を読むという高度な人間関係が要求される職場では、とても成立しません。

職場では「トラブルメーカー」と認定されてしまい、結果、職を転々とすることも珍しくありません。

結果、自分も傷つき自尊心も失われてしまいます。

 

境界性パーソナリティ障害の人にお勧めの仕事

境界性パーソナリティ障害の人は、高度なコミュニケーションを必要とする仕事にはつかないほうがよいです。人と距離を置くことで自分の心を安定させることができるのです。

IT・プログラミングの仕事

仕事内容

プログラマーの仕事は、携帯のアプリを作るアプリ開発から、ウエブサイト作成、システムの開発・管理・保守まで非常に幅広いのが特徴です。

自分のやりたい業務に合ったプログラミング言語を使って、依頼されたシステムやサービスを構築していくのが主な仕事です。

対人トラブルを起こさない

業務時間のほとんどをパソコンを使って行うプログラミングやITの仕事は、ほかの職種と比べて人とのやり取りが少ないのが特徴。対人関係に煩わせることなく仕事ができます。

手に職を付けられる

境界性パーソナリティ障害の人自身が一番わかっていることですが、その衝動性ゆえにどんな仕事も長続きしません。だからこそ、早いうちからプログラミングなどの知識を身に着け手に職をつけておくことはとっても重要です。

将来性がある

IoTの広がりに伴い、今やあらゆる業界でもプログラマーの仕事は広がっており、求人数は右肩上がり。ここ10年慢性的な人材不足のために、IT人材の売り手市場はとどまるところを知りません。

在宅ワークも可能

プログラミングスキルを高めることで、自らスキルアップし年収を上げていくことも可能です。

多職種に比べ、自由な働き方が導入されているため、リモートワークや在宅ワークメインの仕事を選ぶことができます。

フリーランスとして独立も

スキルアップを重ねていけば、会社に所属せずともフリーランスとして働くこともできます。

IT・プログラミングの仕事詳細

IT・プログラミング
仕事内容 システムの開発・管理・保守
年収 400~800万円
将来性 ★★★★★
お勧め度 ★★★★★

プログラムの仕事を未経験から始める方法

20代・30代であれば未経験でも採用されやすいIT業界。

まずは、99%就職保障のテックキャンプで基礎知識を身につけるのもよいでしょう。

【就職率99%保証】未経験から3か月でIT就職!

◆NO.1 エンジニア転職スクールテックキャンプ

精神障害 身体障害 発達障害 知的障害

未経験からIT転職NO.1 

IT転職できない場合全額返金
転職成功率99%
好きな時に学習!オンライン受講OK
フリーランスでのんびり働くことも

豊富な就職実績

 IT関連会社への就職多数

 

\受講料1万円OFFキャンペーンはこちら

テックキャンプのオンライン相談

 

 

ゲームテスター

ゲームデバッカーとも呼ばれます。

開発中のゲームを実際にプレイしてバグやトラブルがないかを調べる仕事です。

ずっとゲームしているだけなのでゲーム好きに◎

基本的にゲームをプレイしバグを報告するだけの仕事です。境界性パーソナリティ障害の人は、楽しいことや興奮することが好きなのでゲームが得意な人も多いのです。

ゲーム業界の登竜門となっているので、ゲーム好きな人にはお勧めです。

対人トラブルが少ない

家でゲームをしているのがメインなので、ほかの職種と比べると対人トラブルが起こる可能性が大変低いです。

将来性とニーズもまずまず

昨今のゲームはコンテンツが完結することなく肥大していくものが多く、また使用OSやスマフォ端末の多様化により検証すべき項目も増えていますので、デバッガーの需要増はこのまま続くでしょう。

ゲームテスター
仕事内容 ゲームプレイをしてバグを探す
年収 350~400万円
将来性 ★★★★
お勧め度 ★★★

 

フリーライター・イラストレーター等

境界性パーソナリティ障害の人は、激しい攻撃性と依存心がある一方で大変繊細な感性を持っていることも多いです。

作家や陶芸家といった芸術家の中人も境界性パーソナリティ障害の方は多いのです。

文章を書くフリーライターやイラストレーターといったクリエイティブな仕事を通して、思わぬ自分の才能を見つける人もいます。

最初は簡単な仕事から

イラストレーターや作家・陶芸家はハードルが高いですが、文章を書くだけのフリーライターは比較的始めやすいでしょう。

最初からフルタイムのフリーライターの仕事を見つけることは不可能なので、クラウドワークスやランサーズといったマッチングサイトを使って、自分ができる仕事を見つけるといいでしょう。

最初はわずかな仕事かもしれませんが、自分の才能が開花していくことで自分に自信がつき、他人への依存心や攻撃心が収まっていきます。

また仕事を通じて他者と間接的にかかわるため、ゆるく社会とつながり続けることも可能です。

 

境界性パーソナリティ障害の人の仕事まとめ

境界性パーソナリティ障害の人は繊細な感性を持つ一方で、燃え盛る炎のような激しい一面も有しています。それゆえ、人と距離が近すぎる仕事はNGです。

プログラムの仕事や、ゲームデバッガー・ライターといった仕事を通じ、間接的に人とかかわることで、あなた自身も自分に自信を取り戻すことができ、社会とも緩くつながることができるはずです。

タイトルとURLをコピーしました