【精神障害者の在宅ワーク】精神障害者に在宅ワークがおすすめの理由7つ

こんにちはakkyです。

「精神障害者は在宅ワークがおすすめと聞いたけど、本当はどうなの?」
「どうして在宅ワークがいいの?」

色々と在宅ワークに疑問を感じている方もいるでしょう。

イメージはそれぞれだと思いますが、精神障害者の方に在宅ワークをおすすめする理由というものを紹介します。

在宅ワークという働き方

以前と比べて、最近は在宅ワークの種類が増えており、働き方の方法がより広くなってきています。

その大きな理由がインターネットの広がりであり、パソコンやスマホなど、様々な通信機器を使用することができるようになってから、多くの在宅ワークができるようになりました。

ネットの台頭は、働く場所を問わない在宅ワークが注目されるきっかけになりました。

そんな魅力的な在宅ワークですが、障害者の方にもおすすめです。

在宅ワークについて

在宅ワーク、あるいは在宅勤務とは、自宅を拠点として仕事をすること。テレワークの一種。

在宅ワーク - Wikipedia
在宅ワークの種類
  • データ入力・文字起こし
  • 記事制作・ライティング
  • ウェブサイト制作・コーディング
  • DTP
  • 電話対応・在宅経理業務
  • アプリ制作・運用

在宅ワークがおすすめの理由①「出勤しなくていい」

精神障害者の方の中には、様々な仕事をしている人がいる反面、なかなか就職できない人がいるのも事実です。

その背景には、通勤や身体の負担など様々なことが隠れていますが、そういった事柄を解消してくれるのが在宅ワークでもあります。

在宅ワークは自宅で仕事ができますので、会社へ出勤する必要がありません。

出勤しなくていいということは、身体に対する負担を軽減できることになります。

自宅が職場になる

在宅ワークは自宅が職場に変わり、会社にいるときと同じように様々な仕事を行うことが可能です。

精神障害者の方の中には、体調不良の方もたくさんいると思います。

そんな方は、たとえ企業に就職できても体調不良になると長続きせず、そのまま退職に追い込まれることもあるかもしれません。

その点、在宅ワークであれば会社へ訪れる必要はありませんので、気分的にも変わってくるのではないかと思います。

鬱状態の改善効果も

精神障害者の方の中には、鬱状態で悩んでいる人もいるでしょう。

そんな方は、職場まで通うのも一苦労すると思います。

その苦労がストレスになり、かえって病状が悪化してしまう恐れがあります。

しかし在宅ワークにすれば、「通わなくても良い」という安心感が生まれて、いつかは鬱状態が改善されるかもしれません。

いずれにしても、精神障害者の方の中にはメリットが多いことは間違いないでしょう。

在宅ワークがおすすめの理由②「時間の都合をつけやすい」

在宅ワークのメリットのひとつに、「時間の都合をつけやすい」という点があります。

会社勤めをしている精神障害者の方の中には、必要に応じて休日や時間外などに出勤することもあるでしょう。

会社にもよりますが、そのような休日出勤がさらなる体調不良を招くことがあります。

在宅ワークであれば急な出勤はなく、時間の都合をつけやすいのが嬉しい点と言えるでしょう。

リハビリテーションも可能

在宅ワークは時間の都合がつけやすいということから、リハビリテーションもしやすくなります。

精神障害者の方の中には、リハビリテーションを行っている方もいるはずです。

会社勤めになると色々と時間の制約が出てきますので、リハビリの時間の確保が難しいこともあるでしょう。

一方で在宅ワークは時間が自由になりやすいので、リハビリの計画を立てやすいと思います。

プライベートの時間が増える

会社への出勤の必要がなくなれば、通勤時間を節約できます。

例えば、片道30分の通勤が不要になれば、1日に約1時間は時間が空くことになります。

その1時間があれば、仕事をもっと早く片付けられますし、空いた時間はプライベートに回せますので、例えばメンタルヘルスとしてのメリットも得られるでしょう。

在宅ワークがおすすめの理由③「仕事の場所を選ばない」

在宅ワークであれば、自宅はもちろんそれ以外の場所でも仕事ができます。

例えば、図書館やカフェなどの仕事も可能であり、会社勤めのときのようなストレスを感じることもなくなるでしょう。

仕事の方法にも色々ありますが、ネットを利用したものであれば、パソコンとネット環境さえあれば、どこにいても仕事はできます。

遠望地にある会社からの雇用も可能

精神障害者の方の中には自分が働きたい会社があっても、距離があると通勤が難しくなり、なかなか採用してもらえないことがあります。

会社勤めになると、そのような物理的な距離の問題も出てくるでしょう。

在宅ワークであれば、遠方地にある会社でも雇用してもらうことが可能です。

家庭の事情などによって、会社から遠い地域に引っ越しをする場合でも、在宅ワークであれば辞めずに済むでしょう。

仲間と一緒に仕事ができる

在宅ワークは仕事の場所を選ばないので、自分がやりたいところで行えます。

図書館やカフェなど、様々な場所での仕事が可能ですので、同じ目的を持つ仲間がいれば、そういったところを打ち合わせの場所に指定することも可能です。

在宅ワークがおすすめの理由④「人間関係」

仕事が長続きしない原因の中でも多い悩みと言えば、人間関係の問題があります。

人間関係の煩わしさから、仕事を辞めてしまう精神障害者の方も少なくありません。

そのため如何に職場の人間関係の構築を上手くするかが、大きなポイントになるでしょう。

しかし在宅ワークであれば、人間関係の煩わしさに悩まされることはありません。

人と会う機会が少ない

在宅ワークの種類にもよりますが、基本的には人と会う機会が少ないのが特徴ですので、結果的に人間関係の煩わしさに悩まされにくいのです。

精神障害者の方の中には、職場の人間関係が心配で就職をためらう人もいるかもしれませんが、そんな方は在宅ワークを選択してみるのはいかがでしょうか。

飲み会に出る必要もない

精神障害者の方の中には、「職場の飲み会が苦手」という方もいると思います。

在宅ワークであれば、嫌な飲み会を回避できます。

自分ひとりですので、元々飲み会などの概念はありません。

飲み会に面と向かって誘われると断りにくい雰囲気がありますが、在宅ワークであれば、そもそも誘われること自体がないのです。

在宅ワークがおすすめの理由⑤「自由度が高い」

在宅ワークは自由度が高いということも、精神障害者の方におすすめできる理由です。

在宅での仕事は人の目を気にすることなくできるため、会社勤めと比べて、より高い自由度を実感できます。

仕事さえしっかりこなせば、どのような服装や髪型でも大丈夫です。

もちろん仕事を行うときの環境、例えばテレビやラジオをつけたままの仕事も可能でしょう。

快適な職場を構築できますので、日頃から抱えているストレスの軽減を期待できます。

在宅ワークがおすすめの理由⑥「仕事を選びやすい」

在宅ワークは仕事を選びやすいのも特徴のひとつであり、それがそのまま精神障害者に対するメリットへと繋がっています。

職場の状況などによって仕事の内容が変わる一般的なワークとは異なり、在宅ワークの業務内容を自分で選ぶことができます。

自分がやりたい仕事だけを選べる、好きだからこそ集中もできるなど、効率の面でもおすすめです。

在宅ワークがおすすめの理由⑦「稼ぎやすい」

在宅ワークは、スキル次第によっては一般的な仕事よりも稼げる可能性があります。

パソコンについての特別なスキルを保有していれば、それを活用して大きく稼ぐことができるのです。

パソコンなどの機器を使用した仕事であれば、スキルの需要によっては、さらなる高額報酬を期待できるでしょう。

精神障害者の方におすすめでの在宅ワーク

精神障害者の方に向いている在宅ワークについて紹介します。

在宅でできる仕事にも様々な種類がありますので、その中から自分に合ったものを選びましょう。

精神障害者におすすめの仕事
  • ライター
  • デザイナー
  • 文字起こし

おすすめの仕事①「ライター」

最初のライターは、記事を作成して報酬を受け取るものです。

パソコンのタイピング技術があり、自分だけのオリジナル文章を作成できる方であれば大丈夫です。

ライターの仕事内容は様々ありますが、ネット上に掲載する文章の作成や雑誌に寄稿する文章の作成などがあります。

ライターについて

ライターとは、取材や資料の収集をして、雑誌・書籍・Web・フリーペーパーなどに掲載される記事を書く仕事です。

ライターの仕事内容
ライターを目指す人のための職業情報サイト|キャリアガーデン

おすすめの仕事②「デザイナー」

デザイナーは、ウェブデザインや広告作成などが主な仕事です。

パソコンひとつあれば作業ができますので、精神障害者の方にもおすすめです。

デザイン関係の特別なスキルや資格をお持ちの方であれば、在宅だけでも十分な報酬を得ることができます。

おすすめの仕事③「文字起こし」

文字起こしというのは、授業や講演などの音声を文章に書き起こす仕事です。

文字起こしの仕事はタイピング速度に加えて、言葉を読みやすいように整える文章力があれば、高収入も夢ではありません。

文字起こしについて

「文字起こし」とは、音声の内容を聞きながら文字化する仕事です。

「テープ起こし」と呼ばれることもありますが、今ではテープレコーダーを使用する案件は少なく、大半がICレコーダーなどに録音されたデジタルデータをパソコンに取り組んで作業を行います。

テープ起こしとは?文字起こしのやり方と在宅メリット
「テープ起こし(文字起こし・音声起こし)」は代表的な在宅ワークの一つ。聞いたことはあるけど、実際にどんな仕事なのかわからない…という方も多いようです。文字起こし活用推進協議会理事・『「テープ&音声起こし」即戦力ドリル』著書の廿里美(にじゅう・さとみ)氏にお話を伺いました。

まとめ

精神障害者の方に在宅ワークをおすすめする7つの理由は

  1. 出勤しなくていい
  2. 時間の都合をつけやすい
  3. 仕事の場所を選ばない
  4. 人間関係
  5. 自由度が高い
  6. 仕事を選びやすい
  7. 稼ぎやすい

以上になります。

在宅ワークには様々なものがありますので、自分に合ったものを選択してください。

タイトルとURLをコピーしました