【精神障害者に向いている仕事】精神障害者が働きやすい職種7選

こんにちはakkyです!

「精神障害者が働きやすい職種はあるのでしょうか」
「精神障害者でも、長く就業できる仕事を選びたい」

といった悩みを抱えている人もいると思います。

精神障害者に向いている仕事や働きやすい職種には、どのようなものがあるのかを紹介していきます。

不注意傾向の強い精神障害者の方

精神障害者の方の中には、物忘れやミスすることが多いような、不注意になる傾向が強い人も少なくありません。

そういう人たちは、仕事で慎重さを求められない職種がおすすめと言えるでしょう。

特に細かい作業の多い事務仕事や、確認することが多い作業は避けた方がいいと思います。

不注意の傾向が強い方は、どちらかというとデザイナーなどのクリエイティブ系の職種がおすすめです。

精神障害者に向いている仕事①「デザイナー」

デザイナーと一口に言っても、以下のように様々な職種がありますので、その中から自分に合った仕事を見つける必要があります。

まずは、グラフィックデザイナーとWebデザイナーについて紹介します。

デザイナーの種類
  • グラフィックデザイナー
  • Webデザイナー
  • CGデザイナー
  • ファッションデザイナー
  • ゲームデザイナー
  • UI/UXデザイナー
  • DTPデザイナー
  • エディトリアルデザイナー
  • インテリアデザイナー
  • プロダクトデザイナー
  • イラストレーター
グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーとは、写真・動画・絵画・イラスト・文字などを同一画面に構成する人。

グラフィックデザイナーの中心的な任務は、情報を視覚的に第三者へ伝えることにある。

グラフィックデザイナー - Wikipedia

グラフィックデザイナーの仕事

グラフィックデザイナーというのは、雑誌やポスターの広告、フライヤーや商品パッケージなど、主として印刷物のデザインを行う仕事を行う人のことです。

実際の制作現場では、企画内容や提供する商品コンセプト、ターゲットとなる顧客層に合ったデザインを構築することがあります。

ポスターなどのデザインの内容次第では、イラストレーターやコピーライターなどの専門家たちと協同して行うこともあるでしょう。

Webデザイナーについて

ウェブデザイナーとは、ウェブに関係するデザイナーである。

ウェブデザイナー - Wikipedia

様々なWebサイトのデザインを担当

Webデザイナーは、ネット上にアップする様々な種類のWebサイトのデザインを行います。

ホームページの見栄えはもちろん、運営するホームページの目的やコンセプトなどをしっかり考慮した上で、それを見る者にとって最適と言えるデザインに仕上げていくことが仕事です。

誰にとっても分かりやすく使いやすい、といったデザイン作成の能力が求められます。

精神障害者に向いている仕事②「プログラマー」

精神障害者の方におすすめの職業としては、「プログラマー」も忘れてはいけません。

プログラマーは、どちらかというとコツコツと作業を行う仕事になりますので、そういう仕事が好きな方には良いでしょう。

精神障害者の方の中には、接客するのが苦手な方もいると思います。

そんな方は、プログラマーの仕事を選んでみるのも良いのではないでしょうか。

プログラマーについて

プログラマーとは、コンピュータのプログラムを作成する人全般を指す。プログラマーとも表記される。

プログラマ - Wikipedia

プログラムを組んで確認する

プログラマーという職種は、コンピュータを稼働させる「プログラム言語」を利用してプログラムを作成し、数々のシステムやソフトウェアを作り出す仕事です。

プログラマー作成に伴うシステムやソフトウェアについては、現在では様々な場所で使われています。

そのため仕事自体に、やりがいを感じることができるでしょう。

プログラマーの種類
  • Webプログラマー
  • アプリケーションプログラマー(アプリ開発者)
  • ゲームプログラマー
  • 組み込み系システムプログラマー
  • 汎用系システムプログラマー

精神障害者に向いている仕事③「SE」

SE(システムエンジニア)も、精神障害の方には向いている職種かもしれません。

精神障害者の方にはおすすめとも言えますし、実際にエンジニアとして活躍している方も少なくありません。

コンピュータ関係に興味がある方はもとより、将来活躍できる職種を探している方は、忘れることなくチェックしておく必要があります。

システムエンジニア(SE)について

システムエンジニア(略称:SE、エスイー)とは、日本において情報システム関連の業務に従事する者を指す用語である。

システムエンジニア - Wikipedia

システムエンジニアの仕事

システムエンジニアというのは、クライアントの希望をヒアリングした後に仕様を決定し、設計を行う仕事です。

その際の予算はもちろん、スタッフの人員や仕事の進捗管理などのマネジメント業務も行います。

各企業や開発チームなどによってシステムエンジニアの仕事内容は変わることがありますので、事前に内容を確認しておいた方がいいでしょう。

プログラムのバグを見つける

システムエンジニアはプログラミングの上流工程も担当しますが、その場合には「要求分析」、「要件定義」、「基本設計」、「詳細設計」といった業務も行います。

プログラムのバクを見つけるのも、システムエンジニアの大切な仕事のひとつです。

精神障害者に向いている仕事④「在宅勤務」

健常者の中には在宅勤務に憧れる人もいると思いますが、その在宅勤務は精神障害者の方にもおすすめになり、向いている職種と言えるでしょう。

体調不良に陥ることも

精神障害者は色々と精神が落ち着かないことも多く、体調不良の波が多い人も少なくありません。

それが就活の失敗へと繋がりやすく、なかなか就職できない人もいるのです。

たとえ一般企業に就職できたとしても、体調不良などによって仕事が長続きしなければ、辞めてしまう人もいます。

そんな方におすすめしたいのが在宅勤務になり、こちらであれば自分のペースで仕事が行えます。

パソコンを使用した仕事

在宅勤務には様々なものがありますので、精神障害者の方も自分に合ったものが見つかる可能性があります。

在宅勤務と聞いてイメージされるのが、やはりパソコン作業ではないかと思います。

データ入力やCAD、ホームページ制作、記事作成など様々な種類が存在しますので、その中から自分に合ったものを選びましょう。

精神障害者に向いている仕事⑤「事務職」

精神障害者の方の中には、デスクワークが好きな方もいると思います。

体を動かす仕事よりも、そのような事務作業が向いている方にはおすすめです。

営業などで元々人と接するのが苦手な方は、事務職に応募してみるといいかもしれません。

ハローワークでの就職

就活の方法にも色々ありますが、ハローワークを利用している方も多いと思います。

ハローワークには様々な種類の仕事が存在し、事務職の仕事もありますので、チェックしておくと良いでしょう。

ハローワークはネット上からも利用できますので、忙しい方はネットにアクセスしてください。

パソコンはもちろん、スマホなどからも見つけることができるでしょう。

ネット上の求職サイト

事務職の見つけ方ですが、ネット上にある求職サイトもおすすめです。

求職サイトはネット検索で見つかりますので、ハローワークのサイトと並行して利用してみるのもいいと思います。

検索機能を上手く活用すれは、自分に合った事務職が見つかるかもしれません。

精神障害者に向いている仕事⑥「工場作業」

機械操作などの工場作業も、精神障害者の方にはおすすめです。

機械操作と聞くと難しいイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、一度やり方を覚えれば、後はその繰り返しですので、工場勤務が初めての方も大丈夫です。

経験がない方は、スタッフが指導してくれますので安心です。

精神障害者に向いている仕事⑦「カメラマン」

精神障害者の方の中で、多動・衝動性傾向が強い方はカメラマンがおすすめです。

普段から行動がテキパキできる性質を上手く活かすことができます。

カメラマンについて

カメラマンは広義には写真・映画・テレビ・ホームビデオなど様々なメディアにおいて、プロ・アマ問わず撮影を行う人物。

カメラマンとは - Google 検索

カメラマンの仕事

カメラマンは、報道広告、芸能など、様々な分野でカメラを使用して写真を撮影する専門家です。

撮影する写真が、どこでどのような目的に使われるのかをしっかり考慮した上で、それに見合ったものを撮影する技術が求められます。

まとめ

精神障害者に向いている仕事、働きやすい職種としては、

  1. デザイナー
  2. プログラマー
  3. システムエンジニア
  4. 在宅勤務
  5. 事務職
  6. 工場作業
  7. カメラマン

と色々な職種が見つかります。

好みの仕事も、見つかるのではないでしょうか。

大切なことは、自分に合った職種を選ぶことです。

まずは一通りをチェックして、その中から選択するといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました