【精神障害者の就職】精神障害者がなかなか就職できない理由7つ

こんにちはakkyです!

「精神障害者は就職できないのか?」
「精神障害者の就職が難しい理由を知りたい」

と思っている方もいると思います。

精神障害者の就職について、なかなか就職できない理由にはどのようなものがあるのかを紹介したいと思います。

精神障害者雇用の現状

時折、精神障害者の就職が難しいという話を聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか?

2021年4月までに、障害者の法定雇用率は現状の2.2%から2.3%へと引き上げられますが、それに伴って障害者の雇用者数は確実に上がっていくことが見込まれます。

ただひとつ心配な面があり、それが全ての職場で精神障害者の方を受け入れることになる、という点です。

それが就職できない理由に繋がる可能性があるのです。

精神障害者の就職が難しい理由①「職場の問題」

2021年4月までの間に、障害者の法定雇用率が2.2%から2.3%へと引き上げられます。

たかが0.1%ですが、その分多くの障害者を受け入れられるようになるのです。

これはつまり障害者の雇用に理解のない職場も、同じように障害者の方を受け入れる必要が出てくることになります。

職場によって働きにくいところもある

障害者雇用に理解のない職場は、何かしらの障害を持つ方に対する理解度が低いところもあるようです。

見た目で判断するところもあり、「どうしてそんなこともできないんだ」など、時には厳しく接する職場もあるかもしれません。

全ての企業がそうとは限りませんが、そういう企業に就職してしまうと職場の環境に慣れることができず、最悪の場合には退職に追い込まれる可能性もあります。

障害者に対する接し方が異なる

職場にもよりますが、実際に現場で精神障害者の方に接する機会がある人と、あまり機会のない人とでは、障害者に対するイメージは大きく変わってきます。

障害者雇用に理解のない職場になると、たとえ精神障害者の方が応募したり入社したりしても、対応が悪いことから就職ができなかったり、採用試験に落ちたりといった事態が生じてしまうのです。

障害者の法定雇用率

2018年4月1日に施行された障害者雇用促進法によって、民間企業における障害者の法定雇用率は2.2%になりました。

この法定雇用率2.2%という数値は経過措置であり、2020年度末までに2.3%に引き上げる計画があるため、企業にはさらなる障害者雇用に向けた対応が求められています。

〈企業の法定雇用率は2.3%へ〉「障害者雇用促進法」のポイントを解説
近年ではダイバーシティの観点からも障害者の活躍に期待が集まっています。また、障害者を「貴重な労働力」として考える企業も増え、障害者雇用促進法はその動き後押しするような形で改正を経てきました。法定雇用率の算定方法や、雇用・就労時のポイントについて解説します。

精神障害者の就職が難しい理由②「雇用の問題」

障害者雇用を行っている企業も色々ありますが、それぞれの企業によって募集要項は異なります。

障害者雇用を行っている企業では、フルタイム雇用で募集しているところが多いようです。

そもそも正社員でないとダメなのか、ということになります。

アルバイトやパートでも良いのではないかと、感じている方も多いと思います。

フルタイムで働けるのが条件

精神障害者の中には、「フルタイムは難しいけどアルバイトやパートなら大丈夫」という方もいるでしょう。

ネットなどで調べると、精神障害者の雇用問題については、ネガティブな意見を多く目にすることがあります。

そういった意見をまとめると、入院していない精神障害者の中で、実際に民間企業で雇用されているのは1.7%以下というのが現状のようです。

障害者に対する理解が必要

精神障害者の人たちは、それぞれに事情があると思いますが、このように雇用率が低いのが実態であり、それだけ就職が難しいということになります。

その理由のひとつがフルタイム雇用であり、フルタイムに耐えられないと雇用されない可能性があるからです。

働けない事情がある方、働きたくない事情がある方など様々ですが、もう少し障害者に対する理解が深まれば、雇用率の改善も期待できるかもしれません。

アルバイトやパートでの雇用

フルタイムでの雇用が難しい方は、アルバイトやパートで募集しているところを探してみるのも良いでしょう。

何も働き方は正社員だけではありませんので、大きな視野を見持つことも大切です。

「1日5時間」、「週に3日勤務」、「1週間に20労働時間」など、自分の体調と相談しながら働く方法を模索してはいかがでしょうか。

精神障害者の雇用についてのポイント
  • フルタイム雇用が多い
  • アルバイトやパート雇用を検討する
  • もっと視野を広げる

精神障害者の就職が難しい理由③「身体への負担」

障害者の中でも、精神障害者の就職が難しい3つ目の理由が「身体への負担」です。

精神障害者の方の中には、フルタイム雇用はもちろん、パートタイマーの仕事でも大変なときがあります。

ただアルバイトやパートタイムの仕事の中にも、精神障害者には体に負担が掛かりやすいことがあるのです。

精神障害者は体調の変化に波がある

精神障害者の方は人によって体調の変化が異なりますが、その中には体調に波がある人もいるようです。

体調変化の波が激しくなると、たとえアルバイトやパートなどの時間の短い仕事であっても長続きにしにくくなり、それが就職にも大きな影響を与えることがあります。

例えば鬱状態でダウンをしたときには、最悪の場合、電車やバス、タクシーに乗ることすら苦痛になる人もいるのです。

体調の変化の波が就職難に繋がる

精神障害者の方の中には体調の変化が激しい方も少なくはなく、それが就職自体を難しくすることもあるのです。

特に鬱状態が続いてしまうと、次第に「会社にとって自分はお荷物なのでは?」などと思うようになり、退職を考えるきっかけになる可能性があります。

それが原因で退職してしまうと、今後も仕事が続けられなくなり、社会復帰すら遅れてしまうのです。

仕事を選ぶ際には、体調が悪くなったときのことも想定しておくことが大切です。

精神障害者の就職が難しい理由④「接客業」

障害者の方におすすめの仕事にも色々ありますが、その中には自分に合っていないものもあるはずです。

これは障害者の方に限ったことでなく、健常者も同じだと思います。

ひとりひとり性格や考え方は異なりますし、仕事に対しての適正も異なります。

そのため自分に合った仕事を選ぶことが大切です。

接客業を苦痛に感じてしまう

障害者雇用を行っている企業の中には、接客業のところもあるでしょう。

精神障害者にとって、接客業は苦痛になることがあります。

精神障害者の方の中には、体調の変化に波がある人がいます。

そのように体調が悪くなると、いつもニコニコした笑顔を作るのは大変に思えますし、そのようなときに限って厄介なお客さんが来ることもあるでしょう。

そのため接客業を選ぶと、仕事が続かなくなってしまうことがあります。

他の職種を選ぶことも大切

接客業が好きな方であればいいのですが、元々苦手な方は接客する必要のない仕事を選ぶことも大切です。

募集要項だけでは判断が難しいこともありますので、その場合は電話やメールなどで、事前に職務について確認しておくと良いでしょう。

例えばパソコン入力が主な事務職や、人との関わりの少ない清掃関係の仕事もいいと思います。
接客が苦手な方は、ひとりでコツコツできる仕事がおすすめです。

精神障害者の就職が難しい理由⑤「仕事の負担が大きい」

精神障害者の方が仕事を選ぶ際に、自分の能力を考慮することも大切です。

希望する仕事が能力や体調に合っていないと、長続きしないかもしれません。

精神障害者の中には、人から頼まれると断れない方や、つい頑張りすぎてしまう人も多いという話を聞きますが、あまり無理してしまうと体調不良に繋がりますので注意が必要です。

自分の能力に合った仕事を選びましょう。

精神障害者の就職が難しい理由⑥「人間関係」

精神障害者の就職が難しい理由としては、人間関係も忘れてはいけません。

人間関係が上手くいかないと、仕事が長続きしなかったり、採用の段階で断られたりすることもあります。

逆に人間関係が原因で、精神障害になった方もいるのではないかと思います。

精神障害者の就職が難しい理由⑦「ストレス」

日頃からストレスが溜まりやすい方は、就職する際には注意が必要です。

ストレスを溜め込んでしまうと、それが体調不良に繋がってしまうからです。

特に精神障害者の方は、様々な悩みやストレスなどを自分ひとりで抱え込んでしまう性格の人が多いので、余計に注意しなくてはいけません。

時には気分転換が必要

精神障害者の方の中で、日頃からストレスを感じやすい方は、自分なりのストレス解消法を身につけておくといいでしょう。

人によってその方法は異なりますが、例えばジョギングやウォーキング、カラオケや友達とのお喋りなど様々なことがありますので、ストレスを感じやすい方はしっかり対策するようにしてください。

ストレスの原因について考える

自分自身で心身の緊張などのストレス反応に気づき、客観的に現在の状態やストレスの原因について考えましょう。

ストレスの対処方法 ストレスマネジメント|障害者就職支援のウェルビー
就職活動の準備として、ストレスの対処方法 ストレスマネジメントについて理解を深めておくことが大切です。ウェルビーの就職活動ガイドでは障害者の方のための就職活動情報を発信しています。
精神障害者のストレス解消
  • リラクゼーション法
  • 運動の習慣化
  • 感情をコントロールする
  • 快適な睡眠を心掛ける

快適な睡眠を得るには

ストレス解消法のひとつとして挙げられているのが、快適な睡眠です。

日頃から十分な睡眠時間を取り、快適な睡眠を得られるようになれば、徐々にストレスを発散できるようになります。

睡眠障害については医療的なことも多いので、気になる方は専門のクリニックなどに相談するのもいいと思います。

まとめ

精神障害者がなかなか就職できない7つの理由は

  1. 職場の問題
  2. 雇用の問題
  3. 身体への負担
  4. 接客業
  5. 仕事の負担が大きい
  6. 人間関係
  7. ストレス

といった項目になります。

ちょっとしたことかもしれませんが、精神障害者の方にとっては重要なことですので、しっかり対策しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました