【社会不安障害の就職・転職】社会不安障害の人が向いているおすすめの仕事3つ

症状が和らいできたし、そろそろ仕事を始めたい!

社会不安障害でおすすめな仕事って何があるのかな?

社会不安障害とは、人前で過剰に緊張してしまう病気です。緊張してしまう症状ゆえに、就職に不安を感じている方もいるかもしれません。

しかし世の中には、社会不安障害の方にもおすすめな仕事がちゃんとあります。

今回の記事では、社会不安障害の方におすすめな仕事3つと、就職する際の注意点について解説します。

5分ほどで読める内容ですので、社会不安障害で就職を考えている方は参考にしてみてください。

社会不安障害の方におすすめな仕事3つ

社会不安障害の方におすすめな仕事は、主に以下の3つです。

  1. 通勤のストレスがかからない仕事
  2. 人間関係が良好な仕事
  3. 人との関わりが少ない仕事

社会不安障害は、特に対人関係でストレスが溜まりやすいです。仕事を探す際は、対人関係の面を考えて探しましょう。

通勤のストレスがかからない仕事

社会不安障害の方の場合、人と話す場面だけでなく人が沢山いる場面でも緊張感やストレスを感じやすいです。

朝に通勤する場合、通勤ラッシュや満員電車に遭遇することが多いですが、社会不安障害の方はそれだけでもかなり疲れてしまいます。

通勤によるストレスを避けるのであれば、通勤ラッシュ以外の時間帯で通勤できる企業がおすすめです。

現代の企業では、午後出勤を認めている企業やフレックスタイム制を導入している企業などがあります。ぜひそのような企業を探してみましょう。

また、自営業であれば通勤する必要すらないこともあるので、自営業も検討してみましょう。

人間関係が良好な仕事

社会不安障害だと、人間関係におけるストレスが溜まりやすいです。

上司からの理不尽な叱責やハラスメントなどは特に大きなストレスとなり、症状も悪化してしまいます。

逆に人間関係が良好な職場であれば、ストレスで症状が悪化する心配もありません。むしろ周りの人が病気についてサポートしてくれることもあります。

社会不安障害で就職する場合は、会社の口コミをチェックすることをおすすめします。あるいは就職試験を受ける前に見学することもおすすめです。

人との関わりが少ない仕事

人間関係のストレスを溜めたくないのであれば、人との関わりが少ない仕事もおすすめです。人との関わりが少なければ、緊張してしまうこともありません。

人との関わりが少ない仕事としては、以下の仕事が挙げられます。

  • 清掃
  • 軽作業
  • データ入力
  • 事務職

また、自営業や在宅ワークも人との関わりが少ないのでおすすめです。

しかし自営業や在宅ワークの場合、お金を稼ぐために一定のスキルが求められるので、準備をしておきましょう。

社会不安障害で就職(復職)する際の注意点

ここまで社会不安障害の方におすすめな仕事を3つ紹介しましたが、それでも就職(復職)する際に不安を感じている方もいるかもしれません。

社会不安障害で就職(復職)する場合は、以下の3点を意識すれば、働きやすくなります。

  1. イメージトレーニングを重ねる
  2. 生活習慣を改善する
  3. 上司のサポートをお願いする

3点それぞれについて詳しく解説していきます。

イメージトレーニングを重ねる

社会不安障害の症状を和らげるには、イメージトレーニングを重ねることもおすすめです。

症状が重いと他人とのコミュニケーションなどで緊張してしまいがちですが、イメージトレーニングをすれば緊張感や恐怖感も和らいでいきます。

イメージトレーニングをする際は、自分が人と楽しく会話している場面を想像してみましょう。何回もポジティブな場面を想像すれば、実際に人と話す時もイメージトレーニングの時と同じ気分で会話ができます。

ちょっとした時間で取り組めることなので、症状を和らげるためにもイメージトレーニングに挑戦してみましょう。

生活習慣を改善する

社会不安障害の症状を和らげるためには、生活習慣を改善することも必要です。生活習慣を改善したい場合、以下の行動を心がけましょう。

  • 毎日決まった時間に起きる(寝る)
  • 適度に運動をする
  • カフェインやアルコールの過剰摂取を避ける
  • 睡眠時間を多めにとる
  • 休息の時間を確保する

生活習慣が乱れていると、うつ病のリスクが高まることもあります。気持ちよく働けるようになるためにも、できることから取り組んでいきましょう。

上司のサポートをお願いする

社会不安障害の場合、上司からのサポートがあるかどうかで働きやすさが大きく異なります。

「○○な場面では発作が起きやすい」「××な時は休憩させてほしい」など、面接時や入社時に伝えておくと、自分自身のペースで働けるように配慮してくれることもあります。

仕事をする際は無理をせずに、病気のことや仕事のやり方について、上司にサポートしてもらえるように相談しましょう。

社会不安障害でも働ける仕事を探そう!

今回の記事では社会不安障害でも働ける仕事について解説しました。

社会不安障害は人間関係において過度に緊張してしまう病気なので、人間関係のストレスが少ない仕事を選ぶことが重要です。

また就職後も工夫を重ねることで、働きやすさはより改善していきます。

気持ちよく働けるよう、仕事探しを頑張っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました