【パーソナリティ障害の就職・転職】回避性パーソナリティ障害が向いているおすすめの仕事3つ

パーソナリティ障害でも始められる仕事ってなんだろう?

人間関係で揉めてばかりだから不安…

パーソナリティ障害とは、周りの人とは大きく異なる行動や考え方をしてしまう障害です。それゆえに安定した社会生活を営めずに、苦痛を感じている方も少なくありません。

今回は「パーソナリティ障害でも仕事をしたい!」と考えている方に向けて、パーソナリティ障害の方におすすめな仕事と、就労における注意点について解説します。

5分ほどで読める内容ですので、パーソナリティ障害で仕事を考える際の参考にしてみてください。

パーソナリティ障害の方におすすめな仕事3つ

パーソナリティ障害の場合、人間関係で悩むことが多いです。そのため、人間関係でなるべく悩まないような仕事につくことがおすすめです。

人間関係で悩みにくい仕事の例としては、以下の3つが挙げられます。

  1. 自営業
  2. 人との関わりが少ない仕事
  3. ノルマなどが厳しくない仕事

それぞれの仕事について詳しく解説していきます。

自営業

自営業とは、会社などの組織に雇われず、自分自身で事業を営むことです。自営業は基本的に一人で仕事を進めるので、組織で行う仕事に比べたら、人間関係のストレスは小さいです。

もちろん自営業でも、営業や連絡を取り合うなど、他者とのコミュニケーションを取る場面はあります。しかし治療を続けていけば、コミュニケーションでトラブルが発生するリスクを下げられます。

自営業の具体例としては、以下の仕事が挙げられます。

  • 飲食店経営者
  • インストラクター
  • ライター
  • プログラマー
  • デザイナー
  • コンサルタント

自営業でお金を稼いでいくためには、一定レベルのスキルが必要です。「会社に入らないで自営業で生活したい!」と考えている方は、治療をしながらも仕事のスキルを身につけていきましょう。

人との関わりが少ない仕事

組織で働く仕事でも、人との関わりが少ない仕事もあります。人との関わりが少なければ、人間関係で衝突することも少なくなります。

人との関わりが少ない仕事としては、以下のものが代表的です。

  • 軽作業スタッフ
  • 一般事務
  • 清掃スタッフ

上記の仕事は基本的に一人で黙々と進める仕事なのです。「会社には入りたいけどなるべく人とは関わりたくない…」という方は、これらの仕事を考えてみてはいかがでしょうか。

逆に、接客業やサービス業は不向きです。お客様への対応に気をつけないとクレームが発生するので、そのせいで大きなストレスを感じてしまう方もいます。

ノルマなどが厳しくない仕事

パーソナリティ障害であれば、ノルマなどの要求されるものが厳しくない仕事もおすすめです。ノルマが厳しい会社だと叱責されることも多く、そのせいで揉めてストレスが溜まり、症状が悪化してしまう方もいます。

ノルマが厳しくない仕事であれば、叱責されてトラブルを起こしたりストレスを溜めたりすることも限りなく少ないです。

もちろん仕事では最低限のマナーや結果が求められますが、求められるものが自分とかけ離れているような会社は避けた方が無難です。

パーソナリティ障害で就職(復職)する際の注意点

パーソナリティ障害で就職(復職)する場合はどのような点について注意すべきなのでしょうか?

注意すべきポイントは、以下の3つです。

  1. 治療は続ける
  2. 安心できる場所を見つける
  3. 自己分析をする

それぞれの点について解説します。

治療は続ける

就職するにしても、パーソナリティ障害の治療は続けるようにしましょう。治療を続けることによって、周りの人とぶつかり合うことも少なくなります。

もし途中で治療をやめてしまうと症状が悪化し、人間関係で衝突する場面も増えてストレスが溜まり、悪循環です。

トラブルがない状態で仕事をしていくためにも、就職してからも通院する時間は確保しましょう。

安心できる場所を見つける

パーソナリティ障害の方にとっては、自分が安心できる場所や気の合う人を見つけることが非常に大切です。

パーソナリティ障害だと対人関係のトラブルが多く、そのせいで生活する上で不安や恐怖感を感じやすいです。

しかし自分自身が安心できる場所や仲の良い人がいれば、不安や恐怖感もある程度和らぎます。

通院している病院やそこで勤務しているスタッフ、社会人サークルなど、自分の居場所があると心強いです。

自己分析をする

パーソナリティ障害の方が仕事を始める場合、自己分析することをおすすめします。

例えば「どの場面でストレスを感じやすいか」「何を言われた時にイライラしてしまうか」「何が原因でトラブルが発生してしまったか」などについて考えましょう。

自分自身の性格や行動を客観的に振り返ることによって、ストレスの対処法や他者との適切な接し方が見えてきます。

このように自己分析をすれば、パーソナリティ障害の症状も和らいでいきます。

パーソナリティ障害でも働ける仕事を探そう!

今回の記事ではパーソナリティ障害の方におすすめな仕事や、就職する際の注意点について解説しました。

パーソナリティ障害での就労で最も気をつけたいのは、人間関係です。人間関係のストレスが溜まりにくい仕事を探し、適切な振る舞いをすることが大切です。

気持ちよく働けるように、仕事探しを頑張っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました