【統合失調症の就職・転職】統合失調症の人に向いているおすすめの仕事3つ

「仕事をしたいけど、統合失調症だと働くのは厳しいのかな…?」

統合失調症は幻覚や幻聴、認知機能の低下を招く病気です。それらの症状のせいで、仕事ができるか不安を感じている方や、仕事をしていても思うように働けない経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、統合失調症の方におすすめな仕事はちゃんとあります。

この記事では、統合失調症の方におすすめな仕事3つと、統合失調症で就職する際の注意点について紹介します。

5分以内で読める内容ですので、統合失調症で仕事を探している方は読んでみてください。

統合失調症の方におすすめな仕事3つ

統合失調症の方におすすめな仕事は、主に以下の3つです。

  1. 短時間勤務から始められる仕事
  2. 手順が決まっている仕事
  3. 自分のペースで進められる仕事

それぞれの仕事について見ていきましょう。

精神障害の就職に強い求人サイト

\ 精神障害者の求人に特化してるから安心!/

大企業の未公開障害者枠求人多数掲載中

短時間勤務から始められる仕事

統合失調症になって「ついボーッとしてしまう」「頭が思うように働かない」という症状に悩まされたことはないでしょうか。

いきなり長時間勤務を始めてしまい、集中力や判断力が長持ちせず、仕事をスムーズに進められなくて悩む当事者もいます。

まずは無理せず、短時間勤務から始められる仕事につくのがおすすめです。

今ではアルバイトや派遣社員から、正社員になれる企業も増えていますので、少しずつステップアップすることも視野に入れてみましょう。

正社員登用を行っている仕事は、以下の通り豊富にあります。

  • コールセンター
  • 飲食店
  • 製造業
  • 警備
  • アパレル
  • 輸送、運送

求人を探してみると、自分に合った仕事がきっと見つかるはずです。

手順が決まっている仕事

統合失調症の方の中には、予想外の出来事に対応するのが難しいと感じている方もいます。

しかし、あらかじめ手順が決まっている仕事につけば、予想外の出来事でパニックになるリスクも下げられます。

コールセンターなど臨機応変な対応が求められる仕事もありますが、マニュアルが充実している企業もあるので、マニュアルをしっかりと理解すれば大丈夫です。

また、上司に相談してサポートをお願いしたり他の社員と協力したりすれば、自分の苦手な仕事もこなせるようになります。

統合失調症で仕事につく場合、仕事の手順が決まっているか、そしてサポートが充実しているかも重視しましょう。

精神障害の就職に強い求人サイト

\ 精神障害者の求人に特化してるから安心!/

大企業の未公開障害者枠求人多数掲載中

自分のペースで進められる仕事

仕事では、スピード性や手際の良さが求められる場面が多いです。

そのせいでストレスを感じて、統合失調症が悪化するケースも中にはあります。

仕事で焦ってストレスを溜めないためにも、統合失調症から仕事を始める場合は、自分のペースで進められる仕事を選びましょう。

自分のペースでできる仕事の例としては、以下の仕事が挙げられます。

  • 事務職
  • 警備員
  • 農業
  • ドライバー
  • 営業職

また、自営業などの在宅ワークもおすすめです。

在宅ワークの仕事の例としては、以下の仕事が挙げられます。

  • ライター
  • データ入力
  • テープ起こし
  • デザイナー
  • プログラマー
  • 翻訳

意外にも在宅でできる仕事はあるので、興味がある方は探してみましょう。

統合失調症で就職(復職)する際の注意点

最後に、ちゃんと仕事を続けるためにも、統合失調症で就職(復職)する際に注意すべき点について解説します。

統合失調症で就職(復職)する方は、以下の3点に気をつけましょう。

  1. 面接の時に仕事時間や仕事量を伝える
  2. 症状が出るタイミングを把握しておく
  3. 残業はなるべくしない

それぞれについて解説します。

面接の時に仕事時間や仕事量を伝える

面接の時には、自分に合った仕事時間や仕事量を伝えましょう。

いきなり無理して長時間勤務を始めると、負担がかかり症状が悪化する恐れがあります。

「最初は短時間勤務から始めたい」「まずはこういう仕事から取り組んでみたい」と、自分の要望を伝えてみましょう。

症状が出るタイミングを把握しておく

統合失調症の幻覚や幻聴の症状は、出やすいタイミングがあります。

例えば不安感や憂鬱感に襲われる、夜眠れなくなる、食生活が乱れるなど、そのような状態になると統合失調症の症状が現れやすいです。

そのため、症状が出るタイミングを把握しておきましょう。

症状が出るタイミングを把握しておけば、休憩したり薬を飲んだりと、対策を立てられます。

また、症状が出やすいタイミングを把握した上で会社の人に相談すれば、フォローもしてもらえるので働きやすくなります。

精神障害の就職に強い求人サイト

\ 精神障害者の求人に特化してるから安心!/

大企業の未公開障害者枠求人多数掲載中

残業はなるべくしない

統合失調症の方は、残業をなるべくしないように注意しましょう。

統合失調症だと体が疲れやすくなり、残業をするのは心身にとって負担です。

また残業によるストレスを溜めると、症状の悪化や再発のリスクが上がります。

くれぐれも自分にとって無理にならない範囲内で、仕事をしましょう。

統合失調症でも働ける仕事を探そう!

統合失調症になると、幻覚症状、体力や認知機能の低下などの症状が現れます。それらの症状を抱えながら、周りの人と同じように仕事をするのは負担です。

もし仕事を始めるのであれば、短時間勤務や少ない勤務日数から始めるなど、ストレスにならない範囲内で仕事をするのがおすすめです。

病気と向き合いながらも、元気に働けるように頑張っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました