【発達障害の就職・転職】発達障害(ADHD)の人が向いているおすすめの仕事3つ

ADHD(Attenuation Deficit Hyperactivity Disorder)とは発達障害の一種で、不注意、多動性、衝動性の症状が見られる発達障害です。

ADHDの場合、不注意によるミス、仕事に長く集中できない、感情をコントロールできないなどの症状に悩みがちです。

しかし自分に適した仕事を始めれば、今感じているストレスも軽減されます。

今回はADHDの人が向いているおすすめの仕事を紹介します。

自分にぴったりな仕事を探す際の参考にしてみてください。

 

精神障害の就職に強い求人サイト

\ 精神障害者の求人に特化してるから安心!/

大企業の未公開障害者枠求人多数掲載中

 

発達障害(ADHD)の方におすすめな仕事の特徴

発達障害(ADHD)の方におすすめな仕事の特徴は、以下の通りです。

  1. 専門性がある仕事
  2. 興味のある仕事
  3. コミュニケーションを取る仕事

それぞれについて見ていきましょう。

専門性がある仕事

ADHDの方は、複数の仕事を同時進行で進めることが苦手で、やるべき仕事を忘れてしまうこともしばしばあります。

しかし一つのことに集中して取り組むことは得意なので、専門的な技術を活用する仕事がおすすめです。

専門性がある仕事として、以下の仕事が例として挙げられます。

  1. 飲食業
  2. 研究職
  3. デザイナー
  4. プログラマー
  5. ライター

どの仕事も一定のスキルが必要な仕事ですが、スキルを身につけた上で仕事を始めれば、黙々と取り組んで実力を発揮できます。

 

【就職率99%保証】未経験から3か月でIT就職!

◆NO.1 エンジニア転職スクールテックキャンプ

精神障害 身体障害 発達障害 知的障害

未経験からIT転職NO.1 

IT転職できない場合全額返金
転職成功率99%
好きな時に学習!オンライン受講OK
フリーランスでのんびり働くことも

豊富な就職実績

 IT関連会社への就職多数

 

\受講料1万円OFFキャンペーンはこちら

テックキャンプのオンライン相談

 

興味のある仕事

ADHDには不注意の症状もあり、具体例としては集中力が長続きしにくいことが挙げられます。

しかしADHDの方は、興味があることや好きなものに対しては、高い集中力を発揮しやすいです。

集中しすぎることによるデメリットはあるものの、集中して仕事に取り組められれば生産性もアップし、結果も出しやすくなるでしょう。

人によって興味のあるものは異なりますので、自分が興味があるもの、どんな場面で集中力を発揮しやすいかを分析してみましょう。

コミュニケーションを取る仕事

ADHDの方は多動性ゆえに、必要以上に喋りすぎたり、距離感が近すぎたりして人間関係のトラブルを起こすことがあります。

しかしそれらの短所を克服すれば、優れたコミュニケーションが取れるようになるので、コミュニケーションを取る仕事もおすすめです。

初対面の人とも物怖じすることなく会話ができたり、積極的に話して場を盛り上げたりするADHDの方もいます。

多動性の症状は、治療によって和らげることも可能なので、医師に相談もしてみましょう。

おすすめ求人サイト

\ 月収30万円以上求人多数/

未公開求人も多数掲載中!

発達障害(ADHD)の方におすすめでない仕事の特徴

発達障害(ADHD)の方におすすめでない仕事の特徴は、以下の通りです。

  1. 臨機応変に動く仕事
  2. 単純作業が長時間の仕事
  3. ミスが許されない仕事

それぞれについて見ていきましょう。

臨機応変に動く仕事

定型発達の方は臨機応変な行動をしやすいですが、ADHDの方は切り替えが苦手です。

一度作業に集中してしまうと、他の作業に切り替えるための労力が大きくかかります。

単純作業が長時間の仕事

長時間の単純作業も、ADHDの方は苦手な傾向にあります。

興味があることなら高い集中力を発揮するものの、そうでないことを続けるのは苦痛です。

ミスが許されない仕事

ADHDの方はケアレスミスが定型発達の方よりも多い傾向にあるので、ミスが許されない仕事はおすすめしません。

ミスが許されない仕事の例として、以下のようなものが挙げられます。

  • 医者
  • 秘書
  • 弁護士
  • パイロット

人の命に関わる仕事や、責任が非常に大きい仕事は避けましょう。

ADHDの人におすすめな仕事3つ

ここからはADHDの方におすすめな具体的な仕事を3つ紹介します。

今回紹介するおすすめの仕事は、以下の3つです。

  1. ゲームプロデューサー、ディレクター
  2. ライター
  3. 自動車整備士

それぞれについて見ていきましょう。

1.ゲームプロデューサー、ディレクター

ADHDの方は、他の人が思いつかないような独創的な発想が得意です。

ゲーム開発においては斬新なアイデアが求められるので、ADHDの方が得意なひらめきを活用すれば、ゲーム開発で大いに役立ちます。

就労の際はデザインやプログラミングのスキルが必要なので、空いている時間を有効活用してデザインやプログラミングの学習をしておきましょう。

主な職務内容 ・ゲームのデザイン
・HP制作
・プロモーション業務
求められるスキル ・デザインスキル
・プログラミングスキル
給料(月額) 25〜50万円
休日 土日祝日



2.ライター

ライターは文章を書くだけでなく「どんな内容の記事を書くか」など、アイデアを出す仕事も行います。

そのため、ライターの仕事でも斬新な発想ができるスキルが役に立つのです。

またライターは取材に行くこともあるので、ADHDによる多動性を活用すれば、キビキビとした仕事ができます。

ライティングスキルは比較的身につけやすいスキルなので、会社に就職する前に副業のライターにチャレンジして、実力をつけておくのもおすすめです。

主な職務内容 ・記事作成
・取材
・企画提案
求められるスキル ・ライティングスキル
給料(月額) 23〜27万円
休日 土日
精神障害の就職に強い求人サイト

\ 精神障害者の求人に特化してるから安心!/

大企業の未公開障害者枠求人多数掲載中

3.自動車整備士

ADHDの方は興味のあることに集中して取り組むことが得意です。

もし自動車の整備に興味があるのであれば、自動車整備士はいかがでしょうか?

作業を黙々と行えますし、集中力を発揮して取り組めばスキルアップもできます。

自動車整備士資格が必要ですが、入社時に資格取得のサポートを行っている会社もあるので、資格取得できる会社に入社するのがおすすめです。

主な職務内容 ・車の修理
・車検整備
求められるスキル ・2・3級自動車整備士資格
・普通自動車運転免許
給料(月額) 25〜40万円
休日 週休2日制
精神障害の就職に強い求人サイト

\ 精神障害者の求人に特化してるから安心!/

大企業の未公開障害者枠求人多数掲載中

ADHDに向いている仕事を探そう!

今回はADHDの方におすすめな仕事を紹介しました。

ADHDとは言っても「注意欠如」「多動性」など、症状は人によって様々なので、自分がどの症状に当てはまっているかを見極めることが大事です。

自分の症状を把握し、その症状があっても働けそうな職業を見つければ、就職はうまくいきます。

自分に得意な部分を生かせる仕事につけるよう、頑張っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました