【うつ病の就職・転職】うつ病の方に適した仕事3つ

うつ病だけどそろそろ復職したい…

でも復職してうつがまた悪化するのは避けたい…

復職してうつが悪化するのを防ぐためにも、うつ病になった後の仕事選びはしっかりと考えたいもの。

うつ病の人に適している仕事はどのような仕事なのでしょうか?

うつ病の際にどの仕事につくべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

障害者手帳をお持ちの方はこちら

【障害者枠の就職・転職】障害者3級で大企業へ正社員就職する方法
障害者福祉手帳3級を持っている人にとって、就職は頭の痛い問題です。 障害年金はもらえないのに、普通の人のようにバリ...
おすすめ障害者求人サービス

◆障害者転職サービスランスタッド

精神障害 身体障害 発達障害 知的障害

障害者就職に特化

世界最大級の総合人材サービス
精神保健福祉士のきめ細やかなサービス
精神障害の就職に強い
就職率98%だから頼れる

豊富な就職実績

官公庁 金融 保険業 情報通信 不動産 製造業 建設業 サービス業など

\ランスタッド公式HPはこちら/

ランスタッド

 

 

うつ病の人に向いている仕事3つ

実際、勤務時間が決まっている仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

様々な仕事がありますが今回紹介するのは、

  1. ITエンジニア
  2. 一般事務
  3. 製造業

の3つです。

自分に合った仕事を見つけましょう。

 

1.ITエンジニア

うつ病の方におすすめの職業ナンバー1といえば「プログラマー/SE」です。

基本的に一人でコツコツと作業を行う仕事かつ、とにかく対人コミュニケーションをあまり必要としませんので、マイペースで仕事をしたいうつ病の人には特におすすめです。

実際に、うつ病を抱えながらプログラマーやSEとして働いている人は多いです。

技術を身に着けることで収入がアップするだけでなく、在宅ワークやフリーランスへの転身も可能です。

プログラマー/SEおすすめポイント
①在宅ワークが可能
②コミュ力を必要としない
③コツコツと一人でパソコン作業
④収入が多い
⑤独立・フリーランスになれる
プログラマー/SE
仕事内容 システムの開発・管理・保守/web制作/アプリ開発
年収 400万円~800万円程度
将来性 ★★★★★
お勧め度 ★★★★★

プログラマーやSEの仕事内容

プログラマーという職種は、コンピュータを稼働させる「プログラム言語」を利用してプログラムを作成し、数々のシステムやソフトウェアを作り出す仕事です。

プログラマー作成に伴うシステムやソフトウェアについては、現在では様々な場所で使われています。

未経験からプログラマーになる方法

未経験からプログラマーになるには、プログラミング言語を自己学習で学ぶ必要があります。

おすすめはテックキャンプです。

完全未経験から数か月でプログラマーとして就職できるのと、

  1. 就職率99%
  2. 就職できない場合全額返金

の二つがほかのスクールにはなく魅力です。

テックキャンプ詳細

【就職率99%保証】未経験から3か月でIT就職!

◆NO.1 エンジニア転職スクールテックキャンプ

精神障害 身体障害 発達障害 知的障害

未経験からIT転職NO.1 

IT転職できない場合全額返金
転職成功率99%
好きな時に学習!オンライン受講OK
フリーランスでのんびり働くことも

豊富な就職実績

 IT関連会社への就職多数

 

\受講料1万円OFFキャンペーンはこちら

テックキャンプのオンライン相談

 

 

2.一般事務

一般事務の仕事は様々で、書類の作成、データの入力、電話・メール応対、来客対応、コピー用紙などの備品管理などを行います。

仕事の種類が多いので「本当にうつ病の人でもできるの?」と心配する方もいるかもしれませんが、一般事務は未経験の人でも始めやすい仕事なのでご安心ください。

作業のスピードや正確性は求められるものの、専門的なスキルや知識を持ち合わせていなくても取り組める業務なので、経験を積めば慣れて難なくこなせるようになります。

もちろん勤務時間の変動も少ないので、生活リズムを崩すことなく仕事ができるのもポイントです。

職務内容 ・書類作成
・データ入力
・電話、メール応対
・来客対応
求められるスキル ・パソコンの基本操作
給料(月額) 16〜24万円
休日 土日祝日

 

おすすめ求人サイト

\ 月収30万円以上求人多数/

未公開求人も多数掲載中!

3.製造スタッフ

工場でのライン作業が、製造スタッフの主な業務です。

ライン作業とは、ベルトコンベアーを流れてくる製品に作業を加える業務を指します。流れてくる製品に部品を取り付ける作業や、お弁当におかずをトッピングする作業がライン作業にあたります。

ライン作業は単純作業の繰り返しなので、業務をこなすのに特別なスキルや知識は要りません。

そして、あまり人と接する機会がないのも、製造スタッフの特徴です。

仕事中は他の人と話すことが滅多になく、基本的には黙々と一人で作業を続けます。

おかげで人間関係で疲れることも、製造スタッフにおいては少ないです。

主な職務内容 ・ライン作業
・CADでの設計補助業務
求められるスキル 特になし
給料(月額) 23〜29万円
休日 土日祝日
おすすめ求人サイト

\ 月収30万円以上求人多数/

未公開求人も多数掲載中!

 

うつ病の人の仕事の問題点

うつ病になると重い倦怠感が現れる

前提として、うつ病の症状の大きな特徴として挙げられるのは「重い倦怠感」です。

現在うつ病を治療中の場合、日常生活の中で身体のだるさに悩まされている方も多いかもしれません。

重い倦怠感が現れるだけでなく、寝つきが悪くなる睡眠障害の症状が現れることもあるので、倦怠感を取り除くことはますます困難になることもあります。

他には、頭痛や肩こり、関節痛など、身体の症状が現れるケースもあります。

うつ病の人に向いていない仕事の特徴とは?

うつ病で就職したいのであれば、勤務時間が不定期な仕事はおすすめしません。

うつ病の改善には生活リズムを整えることが大切ですが、出勤時間や退勤時間が日によって異なる仕事だと、生活リズムがますます乱れてしまいます。

残業が多すぎるのもNGです。残業によっても勤務時間や退勤時間は変動しますし、生活リズムが崩れることによって自律神経が乱れ、うつ病が悪化してしまいます。

就職したとしても仕事のせいで生活リズムが崩れてしまうと、症状が悪化して仕事が困難になる一方です。

うつ病の人に向いている仕事の特徴とは?

うつ病の人は、勤務時間が決まっている仕事がおすすめです。

9:00〜17;30というように毎日の勤務時間が定まっていれば、生活リズムが整ってうつ病の改善が期待できます。

そして残業の少なさに注目するのもポイントです。勤務時間が決まっていたとしても、残業が多いと夕食の時間や就寝時間がずれ、規則正しい生活を送ることが困難になります。

ちなみにもし「勤務時間が決まっていても長時間働くのは大変…」と感じている場合は、まずは短時間勤務から始めて、慣れてきたら長時間勤務に変えていくのも手です。

 

最後に

うつ病になると他の人のように生活することが困難になるので、復職する際の仕事選びはとても重要です。

今回は勤務時間が決まっている仕事を紹介しましたが、勤務時間が決まっている仕事につけば、生活リズムも改善されます。

生活リズムを整えることが、うつ病克服のカギです。

自分に合った仕事を見つけていきいきと働けるよう、私たちは応援しています。

タイトルとURLをコピーしました