【一般転職】現役3年のガイドが語る!!バスガイドさんは○○が多いって知ってた!?

【職業/年齢】

観光バスガイド(派遣)/38歳

【勤めて何年?】

勤めて3年になります。

【給料について(総支給、手取り、賞与など)】

正社員だと手取り18万〜30万くらいで、月によって変動します。派遣の場合は、日給制で総支給12,000円〜です。

【観光バスガイドに就いたきっかけ】

現在はガイド専門派遣会社の登録・数社のバス会社から直接お仕事をいただいています。

志望動機は、毎日色々な場所に行けて飽きないからですね。

【観光バスガイドになるには?必要な資格はある?】

特に資格は必要ありません。求人募集に応募して、簡単な筆記試験・面接試験を受けて入社する流れが一般的です。

なかには、歌の試験があるところもあります。

しかし、観光バスガイドは「入社してから」が勝負です。

バスガイド自体なることは簡単ですが、その後の勉強量は想像を絶します。

ガイドになってからの根性が必要なので、生半可な気持ちでは勤まらないかなと思いますね。

【仕事内容】

観光バスや観光地での案内業務が主な仕事ですが、お客様のお世話をするのも大事なお仕事です。

その他、バック誘導・左折時の巻き込み事故防止の為の安全確認等、バスの安全な運行を行うための車掌業務などもあります。

【仕事のやりがい】

観光バスに乗る機会は、普通に生活していたら一年に一回もしくは数年に一回くらいのペースだと思います。

その特別な時間を私たちがプロデュースして「お客様に楽しんでいただく」それが私たちの仕事です。

バスの中で暖かいお茶を入れたり、車内の空調に気を配ったり、具合の悪いお客様の看病をしたり。

マイクを持って話すだけが仕事ではありません。一日にこなす仕事量も多く、忙しいです。

ですが、一日が終わりバスからお客様が降りられる際に「今日は本当に楽しかった。ありがとう」と言っていただけた時は、この仕事をしていてよかったなと思います。お客様の笑顔は、何より嬉しいですね。

また、日本中の綺麗な景色を旬の時期に見られるのもバスガイドの良いところです!

美味しいものもその土地で食べられるので、グルメになりますよ。

【仕事の大変なところ】

正直100点満点の仕事ができたと思える日は、ほとんどありません。

毎日、老若男女様々なお客様をお迎えするので、一度として同じ仕事をする日はないんです。

幼稚園の遠足で、子供達とアニメの主題歌を歌って手遊びした次の日は、老人会のお仕事で歴史について案内したり…なんて日常茶飯事です。

もちろん、ガイドはただ案内するだけではダメです。

世間話をしてみたり、美味しいスイーツの情報を提供してみたり、日々情報収集は欠かせません。

時事ネタも一通り押さえておかないと、お客との会話もできません。とにかく、日々勉強ですね。

ガイドになった時の研修で教えられた事は基本中の基本で、それだけやっていたら『仕事のできないガイド』と言われます。

明日行く場所の勉強をしたくても朝早く夜遅かったりなので、睡眠時間を削って明日の準備をします。

意外かもしれませんが、「バスガイドは睡眠不足の方が多い」んですよ。

派遣の場合は、自力で配車場所(お客様が乗車する場所)まで行かないといけないのですが、お客様が来る何十分も前に到着していないといけないので、朝が早いです。始発で行く事もよくあります。

そして万が一寝坊なんて事があれば、代わりを探すのが大変なので一大事です。

バスガイドは朝が強い人でないと、続けていくことは厳しいと思います。

その他、初めて会うドライバーさんと一日ペアで仕事をしたり、初めて会うガイドさんと同じ部屋に泊まるなんて事も多いので、コミュニケーション能力も必要です。

派遣の場合は特に、一年を通して仕事の量にはかなりの差があります。

一番忙しいのは秋の観光シーズンで、休みが全然取れない!なんて事もよくあります。

逆に、夏と冬は仕事が無い時が多々あります。繁忙期と閑散期の差は激しいですね。

【こんな人は向いているかも】

好奇心旺盛で社交的な人・喋る事が好きな人に向いている職業です。

また、ガイドは他に代わりの人がいないので、責任感も重要です。

変化の多い職種ですから、デスクワークで毎日同じルーティンを繰り返すのが苦痛という人にも、向いていると思います。

【仕事の将来性】

この仕事は一度自分のものにしてしまえば、身体が動くかぎり生涯現役でできる仕事です。

80歳を超えたガイドさんが、秋の忙しいシーズンに登場する事もあります…。

また、結婚や出産で一度辞めてしまっても、復帰が可能な職種です。

なので子供が少し大きくなって手がかからなくなったからと、復帰する主婦のガイドさんも多いです。

度重なるバス事故があってから、バス業界の働き方改革が進んでいるので、昔のように一日でたくさんの観光地を回るような地獄のツアーは無くなりました。

最近は昔に比べて、働きやすい環境になっていると思います。

ですが、観光ガイドの需要が減ってきているのも事実なので、将来性を考えると少し不安な気もします。

「このガイドさんでなければダメだ!」という個性や技術があるガイドさんはどこの会社からもお声がかかるので、自分のスキルを磨く事で安定したお仕事の受注に繋がるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です