【一般転職】現役14年の薬剤師が本音を語る!絶対失敗しない転職方法

【薬剤師って、どうやって転職するの?】

薬剤師の転職は、一般的な転職とほとんど変わりません。

「求人を探す」⇒「応募する」⇒「面接する」⇒「就職」といった段階を踏んで転職します。

薬剤師は、基本的に求人情報も多いため、条件を厳しくしなければ就職先はすぐに見つかるでしょう。

現在、薬剤師として働いているのであれば、他の病院薬剤師と日頃から会話しておくことはおすすめですよ。

様々な施設の勤務条件を把握できるようになりますからね。

各県の薬剤師会主催の定例勉強会、学会などで、よく会う方々とは定期的にコンタクトを取っておきましょう。

ネットワークを広げることで常に情報が更新されて、自分に最適な転職先が見つかるかもしれません。

これは余談ですが、薬剤師の転職は「昔の顔見知りが薬局長・薬剤部長をしている病院に転職するケース」が多いと感じます。大学病院での研修で一緒だったなど…。

どの業種もそうかもしれませんが、現在でも「コネクション」の力はありますね。

【薬剤師にはブラック企業が多いの?】

薬剤師は常に「勉強すること」が大切です。

その勉強は、就業時間外にすることもあるため、なかにはブラックだと感じる方もいることでしょう。

病院などは、新しい知識を常に求められ、医師や看護師など様々な職種と共に働くことになります。

そのような事が苦手な方は病院には合わないかもしれません。

しかし、他職種と共に仕事を出来る方や、新しい事を学ぶことが好きな方には病院は向いていると感じますね。

また、病院が合わなくて退職する方も多いですが、大半がイメージと違ったと言うケースが多いです。(自分が業務を遂行するに当たり必要な知識を学ぶ時間が、時間外になってしまうのが良くないのかもしれません。ただ、医師や看護師も同じ状況ではあります・・。)

「私が考えてた仕事と違った…。」などと感じる方は、ブラック企業のような過労働の印象を受けるかもしれませんね。

【薬局薬剤師から病院薬剤師への転職は難しい?】

結論から言うと、「そこまで難しくはありません」。

基本的に病院は人材不足です。

基本的な薬の知識があり、基本的な薬剤師業務を経験された薬局薬剤師経験のある方は歓迎されると思います。

ただ、病院の仕事は多岐に渡ります。

薬局薬剤師を長年やられた方々でも、病院に来られると新たに学ばなければならないことが非常に多いと思います。(基本的に薬局薬剤師は内服薬での治療がメインかと思います。病院では注射薬も含め様々な先端医療が実施されます。手術・内視鏡治療・血管内治療・栄養療法など、それぞれ附随する薬物療法も入ってきます。各職種の方々がその専門知識を生かしたチーム医療が実践されます。治療内容も、日々進歩していますので、その内容も年々変化します。それらのことを学んでいかないといけません。)そういったことを理解した上で、病院に来ないと、こんなはずでは無かったと思うかもしれません。

ただ、新卒の方を育てるよりもある程度経験された方の方が教育の点で助かります。

薬局経験者が病院に来るのは、決して難しいことではありません。やる気のある方は重宝されると思いますよ。

【未経験でもOKは本当?】

薬剤師の求人情報でも、よく見かける「未経験でもOK」といったフレーズ。

でも、実際に「本当に?」と疑ってしまいますよね。

未経験OKで安心して、応募してみたのにダメだったら残念ですからね。

しかし、安心してください。

薬剤師は、本当に未経験でも転職できます。

これには、薬剤師の慢性的な人手不足が関わってくるためですが、もし未経験で薬剤師がしたいならルーチンワークの要素が強い薬局薬剤師がおすすめですよ。

【残業の少ない職場への転職がしたいなら?】

病院は、基本的に人手不足です。

ルーチンの仕事をこなした後、時間外で会議の資料作成・自分の勉強など行う事が多いです。

転職当初は特に役割も無く、結果的に残業は少ないと思いますが、経験が増すにつれて残業は多くなってしまうのではないでしょうか。

ワークライフバランスをしっかり考えて、残業をするのが大切と思います。

本当に全く残業をしないと考えるのであれば、先端医療を行う病院では無く、小規模な病院の方が良いかもしれません。

ただ、規模が小さくなれば相対的に薬剤師の数も少なくなりますので、自分が担当する役割も結果的に増えます。

それらの役割をこなすために、ある程度の残業は当然発生すると思います。

自分の勉強のための時間を全く設けないのであれば、残業が少なく過ごせるかもしれませんが、将来性の点で不安が残ります。

経験年数やその時の役割に応じて残業が増えるのは避けられないと思います。

薬剤師に「残業はつきもの」と覚えておいた方が良いかもしれませんね。

【失敗しない転職をするには、どうしたらよい?】

転職を考える職場をよく知ることが大切と思います。

基本的に病院は人手不足なので、戦力となる方は歓迎されるでしょう。

ただ、病院には特性があります。

総合病院(大規模病院・小規模病院)、療養病院、急性期病院、慢性期病院など様々です。

個人的に慢性期の療養病院と大規模の急性期病院を経験していますが、薬剤師に求められる内容は大きく異なります。

どのような施設で、薬剤師はどのような仕事をしているのかしっかり把握する事が大切と思います。

加えて、自分のやりたいことをしっかり振り返ることも大切です。

集中治療を学びたい・がん化学療法を学びたい・緩和医療を学びたい・抗菌化学療法を学びたいなど…。

必ずしも自分のやりたい事が出来るわけではありませんが、数年のスパンで考えておくことが重要ですね。

せっかく転職するのであれば、学べる環境で無ければもったいないと思います。

【転職しようとしている方へアドバイス】

薬剤師は「何がやりたいか?」「自分にどのような仕事が出来るのか?」「今後どのような仕事をしたいのか?」を整理することが大切です。

各施設の内部もある程度情報として耳に入れながら、転職のタイミングを考えるのが大切かと思います。医師ほど学べる環境ではありませんが、目標を持った転職が良いのかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です