精神障害者福祉手帳3級持ちで就職する方法と注意点

あなたは、どのような精神疾患を患い、精神障害者福祉手帳3級を取得したのでしょうか?

わたしは、仕事のストレスから双極性障害を発症してしまい、一般就労しながら突発的に休んだり休職したりを繰り返しています。

「双極性障害であれば手帳を取得することができるよ!」と聞き、医師の意見書を市役所に提出したら3級と判定されました。おそらく、2級以上は一般就労が困難な方や著しく生活上で困難なことがある場合に、判定されます。

福祉業界で就職して17年になります。

障害者施設で働いて法人経営や運営、現場での実践経験法人の施設長や理事も歴任し、人事や労働環境面についてのも明るいです。

精神障害者福祉手帳3級持ちで就職するための方法と注意点を詳しくお伝えします。

 

 

<精神障害者福祉手帳3級持ちで就職しやすい仕事は?>

精神疾患の理解の得やすい職場として挙げられるのは、「医療」「福祉」の仕事です。

手帳を持つことで、一般就労枠と障害者雇用枠での就職活動が可能になるからです。

一般就労に拘らず、障害者雇用として採用を考えている場合、症状が悪化したりしないように配慮をしてもらえます。就労A型と就労B型がありますが、それは、症状によって就労形態が変わってくるので、主治医との相談が必要になります。

 

<精神障害者福祉手帳3級持ちが就職活動するときの注意点>

①自分がストレスに感じにくい仕事を選ぶ

3級の手帳であれば、一般就労をしようと望めばすることが可能です。大切なことは、あなたに向いていない仕事であれば、それがストレスで再発のリスクが高まってしまう為、あなたに合った仕事を探しましょう。「楽しい」「興味関心がある」内容で考えた方がいいのではないでしょうか?「役職になりたいから役職への募集を受けるんだ!」では、あまりにも負担が大きすぎます。現場で少しずつ実績を積んで評価してもらえたらいいのではないでしょうか?また、「早く仕事をしないと!」というような焦る必要もないですし、ゆっくりと時間を掛けながら探したらいいと思います。ハローワークの担当者に事情を説明したら、相談に乗って一緒にあなたに向いた仕事を探してくれると思いますよ!

 

②自分の病状のタイミングを見計らう

症状がひどいときに就職活動をしても、なかなかうまくいきません。

ですので、寛解したタイミングを見計らって就職活動を行うほうがうまくいきます。

【寛解(かんかい)とは?全治とまでは言えないが、病状が治まっておだやかであること。】

 

パニック障害とうつ病に関しては、ちゃんとした治療を長期に渡り受けると完治することが可能です。しかし、統合失調症や双極性障害に関しては、病状が治まっておだやかになることはあっても、完治することは現代の医学では難しいのが現状です。

 

薬を調整しながら生活の安定を図りながら再発のリスクを抱えて生活をしなければなりません。まず、その事実を本人や家族がしっかりと理解し受け止めてもらう必要があります。

すでに企業に就職していて転職を考えている人に関しては、パニック障害とうつ病は、最大1年半の休職が可能なので、健康保険の傷病手当を受給しながら完治することを待つという手段もあります。完治すれば、堂々と、転職活動を行えます。

しかし、統合失調症や双極性障害の場合、病状が治まっておだやかになってから就職活動を行い仕事につけたとしても、隠していても必ず再発してしまいます。ばれたときに企業に対し説明責任が問われてしまいます。

そこで、就職活動を行うときに

 

☑始めから手帳を持っていることを告知するか

☑手帳を持っていることを隠して就職活動を行うか

 

のどちらかの選択に迫られます。

 

当然、始めから告知をした方が再発した時に就職先には受け入れてもらいやすいです。

しかし、手帳を持っているこということで、「休まれたら困る」「何か問題起こされたら困る」と思いこまれ不採用になってしまうケースもないと言い切れません。

障害者施設で働いて法人経営や運営、現場での実践経験があるわたしからの一アドバイスですが、病気の症状が安定していたら、手帳を持っていることを言わずに面接を受けるほうが良いと思います。

就職の難易度がかなり変わってきます。

 

<精神障害者福祉手帳3級持ちが採用されやすくする方法>

①寛解状態

3級の手帳を持ちながら採用されやすくなるには、間違いなく「寛解状態」であることが求められます。

つまり、病状が落ち着いていることですね。

不安定でいつ仕事を休むのか分からない応募者を採用しません。病状が治まっておだやかまではいってないが、半年は精神的に安定したことが保てている状態であることが望ましいですね。

 

②みだりに病名や手帳のことを言わない

不用意に病名や手帳のことを言わない方が採用されやすくなると思います。寛解状態は、人によって全く異なってきますが、3~5年で再発を繰り返すと言われています。症状が落ち着きおだかなになった状態の時に、就職活動を行うといいでしょう。

 

<一般枠と障害者枠どちらで応募したほうが有利?>

 

【一般枠】

☑一般枠のメリット

一般枠で応募する場合、メリットとして挙げられるのは、普通の職員と対等の対場と条件で採用されるため、社会保険や福利厚生、賞与も受けることができます。勿論、仕事内容も健常者と同様の内容になるので、管理職や給与のアップも図ることができるでしょう。

 

☑一般枠のデメリット

デメリットとして障害に対する理解と配慮が受けられないことが挙げられます。

3級の手帳取得し、税務署に申告すれば所得税と住民税などが控除されます。事業所に伝えないと控除の手続きをしてもらえません。自分自身で確定申告を行うことで控除する方法もありますが、事業所が把握してしまったら「障害者」であることが分かってしまいます。

 

☑一般枠で応募する場合のアドバイス

始めから自分の症状を申し出て、現状をしっかりと説明し隠さずに「障害者」であると認めてたほうがよいです。どうどうと所得税や住民税の控除、仕事上の配慮を受けたらいいかと思います。

また、仕事上で何を配慮してもらいたいのか、ちゃんと伝えておきましょう!「リーダー、管理職」は、間違いなくストレスの原因となりますし、精神薬を服薬している以上、「車の運転は中止」せざるを得ないでしょう。

 

 

【障害者枠】

☑障害者枠のメリット

障害者枠でのメリットとして、「仕事内容の配慮」という面が一番大きいでしょう。ストレスがかかる業務は外してもらえ、必要があれば時短勤務や休職などもできやすいというメリットが挙げられます。一般企業でも障害者雇用を推進しなければならない為、給与や社会保険なども同じ水準で受けられる場合もあります。ハローワークで問い合わせるのが一番適切でしょう。

 

☑障害者枠のデメリット

デメリットは、社会福祉法人の施設内での就労継続A型事業、就労継続支援B型事業というものがありますが、内職的な作業などになってしまう為、給与水準は低く、社会保険も加入できないという点があります。よく考えながら就職活動を行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です