【看護師転職】介護施設・療養・老人ホームってどう?仕事は楽、残業ナシ、稼げる、力仕事なし、休めるって本当?

看護師の仕事の幅はとても広く、職場も病院だけではありません。

最近は、介護施設でも看護師の役割は大きく、病院での経験をいかして、介護施設に転職する人も増えています。

しかし、病院と介護施設では看護師に求められる仕事内容は違います。

今回は「病院の仕事と介護施設の仕事はどこが違うのか」について詳しくお話しします。

・看護師が働く「介護施設」3つの職場とそれぞれの特徴

看護師が働いている介護施設は、大きくわけて3つあります。

ひとつ目は、介護療養型医療施設です。

介護療養型医療施設は、廃止されることになっていますが、すでにある施設では今も介護職員や看護師が働いています。

介護療養型施設は、医療法に基づいてつくられた施設のため、看護師の仕事内容は一般的な介護施設よりも専門的な内容が多くなっています。

「専門的な仕事内容が多い」と聞くと大変な職場というイメージがわくかもしれませんが、介護療養型医療施設には、看護師以外にも医師や理学療法士などの専門職員がたくさんいるため、仕事は分担して行うことができるのです。

ただ、介護療養型医療施設は過渡期にあります。

長期間同じ職場で働きたいと思う人は、転職面接のときに「今後の流れ」について詳しく聞いておくといいでしょう。

ふたつ目は、介護老人保健施設です。

介護老人保健施設は、要介護1から5の人で「入院する必要はないけれど看護の必要はある」という状態の人が利用する施設です。

最終目標は、自宅での生活にあるため、医療的な仕事は減り、リハビリや日常生活の手助けが主な仕事内容になるでしょう。

少し前までは、利用者の多くが自宅に戻っていたのですが、最近は看取りまで行う施設も増えてきています。

三つ目は、介護老人福祉施設です。

介護老人保健施設と名前が似ていますが、介護老人福祉施設はいわゆる特別養護老人ホームのことであり、自宅での生活を最終目標としているわけではありません。

そのため、より介護を必要としている人が入居している傾向があります。

3つの職場の中で、看護師として専門的な仕事が多い職場は介護療養型医療施設でしょう。

一方、介護老人福祉施設は「介護」の仕事量が多いため、看護師の人数はとても少なく配置されています。

人数が少ないということは、それだけ一人の看護師に求められる責任感と仕事の幅が広くなるのです。

介護老人福祉施設では、医師が常駐していないこともあり、看護師が唯一の医療を専門にしている職員になることがあります。

・介護施設での看護師の仕事内容

介護施設と病院とでは、看護師の仕事内容が違います。

病院では、仕事内容が明確に分担され、時間で仕事が区切られているかもしれません。

しかし介護施設での仕事は、病院での仕事よりも種類が多くなるのです。

一番多い仕事は服薬管理でしょう。

利用者の多くは、なんらかの薬を毎日服用しています。

認知症の利用者も多いため、間違えた服薬をしないように気を配る必要があるのです。

服薬管理は、内服薬だけでなく目薬も含みます。

利用者ごとに服薬の時間、量、そして「飲み込み」ができているかまでをチェックするのです。

服薬管理のほかにも、血圧管理や麻痺の確認、排便管理も行います。

特別養護老人ホームで働く看護師を例にして一日の仕事を解説します。

朝は、朝食準備から始まるのです。

朝食準備といっても、介護職員が行う食事介助とは違い、食後にのむ薬の準備やインスリンの注射を行います。

利用者の中に「胃ろう」の人がいれば、準備をして実施します。

朝食が終わった後は、体温を計測したり、たんの吸引をしたりするのです。

医師がいる施設では、回診に付き添って利用者の様子を伝えます。

介護施設では、午前中に入浴をすることが多いため、入浴時の対応も並行して行うのです。

昼になれば、昼食の準備を始めます。

午後からは、レクレーションなどの活動が始まりますが、看護師は新規入居者への対応や説明に追われることが多いようです。

また、利用者の家族は利用者の体調を心配しています。

家族が面会に来ているときには、利用者の近況や体調について話をしたり、家族の気持ちに寄り添ったりすることも求められるのです。

夜になると、夕食の準備です。

夕方以降は介護職員の人数がぐっと減るため、夕食の解除は看護師も行うことが多いでしょう。

利用者が就寝してからは、夜勤の人と交代になります。

申し送りをして終了です。

夜勤の人は、見回りや記録業務を行います。

しかし、特別養護老人ホームで看護師を夜間も常駐させている施設は少ないでしょう。

ほとんどの施設は「オンコール」を採用しています。

オンコールとは、夜勤の介護職員が「看護師に相談したい」と思ったときに押すボタンです。

看護師は、当番制でオンコールとつながっている携帯電話を自宅に持ち帰ります。

そして、夜間にオンコールボタンが押されたときには、自宅から施設にかけつけるようになっているのです。

・介護施設で働く看護師に求められる力

介護施設で働く看護師と病院で働く看護師は、仕事内容だけでなく、かかわる人の広さも違います。

病院で働く看護師は、病院内スタッフとかかわることがほとんどです。

しかし、介護施設で働く看護師は、介護施設の中の職員だけでなく、役場の人や地域包括センターのスタッフ、救急病院のスタッフなど、幅広い人たちとつながることになります。

介護施設の中だけでも、看護師仲間だけで助けあるのではなく、介護士やケアマネージャー、栄養士や理学療法士など、さまざまな専門職員とのかかわりが重要なのです。

介護施設で働く看護師は、どんな人とでも潤滑なコミュニケーションをとれる力も求められます。

介護施設には、医師が常駐していないことが多いのです。

そのため、医師は利用者のちょっとした変化に気が付きにくいことがあります。

いつも利用者と接している看護師は、利用者のちょっとした変化に気がつくことができるでしょう。

そんなときに、医師にしっかりと「変化」を伝えられる力も必要なのです。

介護制度は、どんどん変化をしています。

病院で働く看護師の仕事の中心は「医療」ですが、介護施設で働く看護師の仕事は医療だけでなく、家族のサポートや精神的な支えも入ります。

介護保険制度をしっかりと理解して、的確なアドバイスができるようにしておくことも大切です。

看護師が介護の現場で行う仕事はとてもたくさんあります。

最近は、看護師の仕事の一部が講習を受けることで介護士もできるようになってきました。

少しずつ、介護の現場でも仕事の分担や効率化が進んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です